食べすぎや運動不足など、身体に負担がかかる習慣が影響して発症する、肥満や糖尿病、高脂血症などの「生活習慣病」の増加が問題になっています。生活習慣病の予防のために、メタボリックシンドロームが注目されています。

肥満に加え、それぞれの“ちょっと高め”が重なると、たとえ軽症でも、動脈硬化(脳血管疾患・心筋梗塞など)になる確立が大幅に高くなります。

このページの原稿&資料提供 三友堂病院栄養管理室