近年、野菜の摂取不足や食塩、脂質の取り過ぎなど、栄養のバランスの乱れや運動不足などが引き金となり、肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の増加が深刻化しています。こうしたことから、今後、当院では食事の大切さと正しい知識を知っていただくために、ホームページに栄養に関するお話をご紹介していきますので、是非ご覧下さい。

今回のテーマは健康的で望ましい食生活と自らの食生活を具体的な行動に結び付けるため、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省から公表された「食事バランスガイド」についてです。

食事バランスガイド(厚生労働省・農林水産省)

図をクリックすると拡大します。

正しく回そう食生活のコマ

「食事バランスガイド」は全体がコマの形で表現されています。コマの本体は、1日の食事バランス、軸は必要な水分、そしてコマを回転させるのは適度な運動です。コマは食事バランスと適度な運動が与えられて、初めて安定し回転します。偏りのある食事をとった場合、コマのバランスが崩れてしまい、私たちの健康も保てなくなってしまうのです。5つの区分をバランス良く食事に組み込むこと、十分に水分をとること、お菓子やジュース、お酒などの嗜好飲料は楽しく適度に、そして適度な運動を行うことが正しくコマを回転させることができ健康的な食生活につながるのです。

あなたの食事は大丈夫?

主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを

コマの中では1日分の料理、食品の例を示しています。このイラストの料理例を合わせるとおおよそ2200kcalとなり男性にとっての適量を示しています。コマの中のイラストはあくまでも1例です。実際にとっている料理の数を数えることにより、1日にとる目安の数値と比べることができます。多用な食品を組み合わせ、調理法が偏らないようにしましょう。

《参考文献》

  1. 厚生省:健康日本21、2000
  2. 厚生省、文部省、農林水産省:食生活指針、2000
  3. 厚生労働省、農林水産省:食事バランスガイド

このページの原稿&資料提供 三友堂病院栄養管理室