平成28年度 三友堂病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 2 35 44 52 145 325 632 1,008 1,016 343
当院は60歳以上の患者さんの占める割合が8割を超えています。地域全体が高齢化傾向にあることや、小児科、産科、耳鼻咽喉科等若年者の診療を行っていないことも要因としてあげられます。 
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 71 29.68 25.00 0.00% 75.31
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 59 27.47 26.00 59.32% 84.81
160620XX01XXXX 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 48 12.15 11.00 0.00% 42.90
整形外科では。人工膝関節置換術を目的に入院される患者さんが最も多くなっています。この手術は当院整形外科の特徴のひとつです。次いで大腿骨骨折に対する治療、肘・膝の外傷に対する治療が多くなっています。人工膝関節置換術や大腿骨骨折の患者さんは都が平均年齢が75歳、84歳と高齢の方が多いことが わかります。転倒等による骨折も多いようです。多くの患者さんは、手術後に継続リハビリを目的として、リハビリ治療をより専門とする病院に転院されています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX99040X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 77 4.87 12.00 0.00% 64.68
040040XX9910XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 あり 手術処置2 なし 58 2.07 3.00 0.00% 73.36
040040XX9909XX 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 9あり 47 2.09 10.00 0.00% 67.38
呼吸器内科では、肺の悪性腫瘍に対する化学療法の患者さんが多くなっています。入院期間は3日が平均です。他に、肺炎も多く、肺癌が疑われた場合の気管支鏡検査、睡眠時無呼吸症候群が疑われた場合の検査入院(1泊2日)の方もいらっしゃいます。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術処置1 1あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 101 3.53 3.00 0.00% 65.76
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 84 26.64 17.00 3.57% 85.37
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術処置1 なし、1,2あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 43 6.53 4.00 0.00% 69.77
循環器科は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査および治療前、治療後の心臓カテーテル検査のために入院される患者さんが全体の4割を占めています。次いで、心不全の治療が全体の2割を占めています。平均年齢が85歳と高齢で、平均在院日数も全国平均より長くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 23 8.26 8.00 0.00% 71.65
060035XX01000X 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 20 15.45 16.00 0.00% 71.75
060020XX02X0XX 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術処置2 なし 15 18.67 17.00 0.00% 71.93
060150XX99XX0X 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 15 6.47 6.00 0.00% 44.13
外科は多種多様な症例が存在しています。その中で多いのは、腸閉塞の患者さんです。次いで結腸の悪性腫瘍に対する手術の患者さん、胃の悪性腫瘍に対する手術の患者さんです。消化器内科で検査を行った後に外科に入院する場合や、化学療法のために計画的に短期入院を繰り返す場合もあります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 42 15.12 17.00 47.62% 69.45
160100XX97X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 22 13.91 8.00 9.09% 77.55
010060X2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 21 15.67 17.00 38.10% 85.14
脳神経外科は、脳梗塞の治療の患者さんが全体の40%を占めています。多くの患者さんは社会復帰を目指し、継続リハビリを目的としてリハビリ治療をより専門とする病院に転院されています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340XX03X00X 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 38 16.71 10.00 5.26% 76.45
060020XX04X0XX 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術処置2 なし 25 11.32 9.00 0.00% 72.92
060335XX99X00X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 15 21.47 10.00 6.67% 74.53
消化器内科は、多種多様な症例があります。胆石、胆のう炎、胆管炎といった胆道疾患に対する手術、主に経皮的胆管ドレナージ術、内視鏡的乳頭切開術、胆道ステント留置術などを行う場合や、逆流性食道炎、胃炎、潰瘍などの食道、胃、十二指腸の炎症性疾患や、出血を伴う胃潰瘍、十二指腸潰瘍に対しての内視鏡的消化管止血術、輸血を行う場合があります。他に胃の悪性腫瘍に対する内視鏡(カメラ)を用いた治療の患者さんも多くなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 40 17.80 11.00 5.00% 80.65
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術処置1 なし 手術処置2 なし 34 6.85 7.00 0.00% 70.88
110280XX02X00X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 14 6.14 8.00 0.00% 70.07
泌尿器科は、腎盂腎炎、尿路感染症のために入院される患者さんが多くなっており、平均年齢80歳と高齢です。膀胱腫瘍に対する経尿道的手術の患者さんも多くいます。ここには載っていませんが、前立腺癌を疑われ、針生検(1泊2日)目的で入院、腎・尿管結石に対する対外衝撃波腎・尿管結石破砕術の方も多くいます。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200XX99X4XX 黄斑、後極変性 手術なし 手術処置2 4あり 106 2.00 2.00 0.00% 77.09
020220XX97XXX0 緑内障 手術あり 片眼 35 5.43 9.00 0.00% 70.86
020210XX99X1XX 網膜血管閉塞症 手術なし 手術処置2 あり 27 2.00 2.00 0.00% 72.96
眼科は、ほとんどが手術目的の予定入院となっています。最も多いのは白内障に対する手術目的の入院ですが、別算定のため、この集計には入っていません。加齡黄斑変性に対する硝子体注射目的の患者さんが多くを占めています。現在は、外来で治療を行っています。他、緑内障、糖尿病性増殖性網膜症などは、白内障とは異なり放置することで重篤な状態になることもあり、治療に力を入れています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 23 25.91 12.00 0.00% 77.35
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 22 25.64 11.00 0.00% 83.95
100070XX99X000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 14 26.36 11.00 0.00% 67.79
内科(透析科)では、慢性腎炎、腎不全に患者さんが多くいます。次いで糖尿病に対する教育入院や、血糖コントロール目的で入院される患者さんが多くを占めています。また人工透析を行っている患者さんも多くいます。
緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040XX99000X 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 8 23.63 13.00 0.00% 81.88
060020XX99X00X 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 4 19.50 10.00 0.00% 86.00
060020XX97X0XX 胃の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置2 なし 3 32.00 17.00 0.00% 82.67
06007XXX99000X 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術処置1 なし 手術処置2 なし 定義副傷病 なし 3 25.33 9.00 0.00% 83.67
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 32 12 7 10 11 0 1 7
大腸癌 3 14 23 2 11 3 1 7
乳癌 8 3 3 0 3 0 1 7
肺癌 24 19 66 87 19 0 1 7
肝癌 0 0 1 2 1 0 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
国際対がん連合(UICC)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度 ②所属リンパ節への転移状況 ③遠隔転移の有無 の3つの要素によって各癌をⅠ期~Ⅳ期に分類しています。検査入院などで、退院するまで結果が出ない場合は不明としているため、検査入院の多い癌は不明の数が多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 8.58 58.17
中等症 38 19.37 83.63
重症 5 22.80 82.20
超重症 7 35.29 86.57
不明 0 0.00 0.00
市中肺炎は普段の社会生活の中でかかる肺炎のことです。平均年齢は80歳を超えています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 3 3.33 71.67 0.00%
その他 5 8.80 81.20 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00%
その他 0 0.00 0.00 0.00%
I63$ 脳梗塞 3日以内 146 19.52 78.12 42.18%
その他 1 15.00 79.00 0.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 7.00 81.00 0.00%
その他 19 6.63 72.47 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00%
その他 1 3.00 65.00 0.00%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00%
その他 0 0.00 0.00 0.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00%
その他 0 0.00 0.00 0.00%
脳梗塞は3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが最も多く、発症から3日以内に治療を受けられています。多くの患者さんは、継続リハビリを目的として、リハビリ治療をより専門とする病院に転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 286 1.00 1.03 0.00% 75.78
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 31 1.00 3.35 0.00% 71.77
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 9 1.11 5.11 0.00% 71.78
眼科の手術は、白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズ挿入)が最も多く、7割を超えています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 77 2.71 26.34 0.00% 75.12
K0461 骨折観血的手術(大腿) など 47 2.04 28.00 48.94% 84.85
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 37 4.35 17.86 2.70% 68.46
整形外科の手術は、人工膝関節置換術が最も多くを占めています。大腿骨骨折の患者さんの多くは、手術後に継続リハビリを目的として、リハビリ治療をより専門とする病院に転院されています。脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術も多くなっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 107 0.36 1.06 0.00% 60.29
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 28 1.43 4.43 0.00% 71.07
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 17 1.06 11.94 0.00% 86.41
泌尿器科の手術は、腎、尿管結石に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術の患者さんが多くを占めています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 37 1.32 3.27 0.00% 70.65
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 21 5.19 16.00 0.00% 73.38
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 16 2.31 4.88 0.00% 56.06
外科は、多種対応な症例があり、手術を行っています。その中で、鼠径ヘルニア手術、結腸切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術が多くなっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴うもの) 27 5.78 12.33 7.41% 78.78
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) など 25 1.32 9.00 0.00% 72.92
K654 内視鏡的消化管止血術 17 1.35 11.35 5.88% 68.47
消化器内科の手術は、多種にわたります。内視鏡的(カメラ)での手術が多くを占めています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 41 1.83 4.95 2.44% 70.02
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 16 0.44 20.19 0.00% 70.44
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 14 2.86 10.93 0.00% 78.71
循環器科の手術は、心筋梗塞や狭心症などに対する経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術といった心臓カテーテル治療の患者さんが多くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 3.12 10.65 17.65% 79.59
K1781 脳血管内手術(1箇所) 13 4.15 24.54 30.77% 64.38
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 6 10.17 63.33 33.33% 65.17
K178-4 経皮的脳血栓回収術 6 0.00 18.00 50.00% 79.00
脳神経外科の手術で多いのが慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。最近では、脳血管内手術、経皮的脳血栓回収術など、カテーテルによる治療も多く行っています。これは脳まで管を通して病変を治療する方法です。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 2 11.50 7.00 0.00% 56.50
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 2 21.00 26.50 0.00% 76.50
化学療法に伴うカテーテル設置を行う方がいます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.06%
異なる 11 0.30%
180010 敗血症 同一 13 0.36%
異なる 12 0.33%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 1 0.03%
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.36%
異なる 1 0.03%
血液の凝固に異常が起きる播種性血管内凝固、様々な感染から血液に病原菌が入り敗血症になる患者さんもいます。術後出血や創部感染などにより合併症がおこる場合もあります。これは、一定の確率で起こり得るものです。
更新履歴
2016/10/3
初版
2017/9/26
病院指標を平成28年度版に更新いたしました。