2-3.スポーツ外来のご案内

診察日 ※完全予約制

  週1回 月曜午後/木曜午後 ※週替わり

診察時間

 15:00-16:30

●一般の方からの予約

 外来担当者へ電話予約(平日 15:00-17:00)

●医療機関を通じての予約

 通常の予約と同様に地域医療連携相談室を経由

担当医

 整形外科 五十嵐貴宏
  ・日本整形外科学会認定専門医/スポーツ医/運動器リハビリテーション医
  ・日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  ・プレステージインターナショナルアランマーレチームドクター
  ・日本バレーボール協会メディカル委員会
  ・日本オリンピック委員会強化スタッフ
  ・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
  ・日本整形外科スポーツ医学会
  ・日本臨床スポーツ医学会

診察内容

 対象疾患は下肢、上肢、体幹におけるスポーツに関連した障害(オーバーユースによる痛みなど)と外傷(骨折、脱臼、捻挫などのいわゆるケガ)です。診断にはレントゲン、CT、MRI、超音波診断装置を用いて、専門性の高い治療を行います。主な対象疾患は、疲労骨折、肉離れ、ジャンパー膝、ランナー膝、オスグッド病、膝前十字靭帯損傷、膝半月板損傷、シンスプリント、グロインベイン症候群、足関節捻挫(靭帯損傷)、足底腱膜炎、足関節後方インピンジメント症候群(足三角骨障害)、腫骨骨端症、足部種子骨障害、アキレス腱断裂、野球肘、肩関節唇損傷(SLAP損傷)、肩腱板損傷、肩鎖関節脱臼、鎖骨骨折、腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニアなど多岐にわたっています。手術が必要な場合には、膝の疾患では関節鏡視下手術を主体に行います。