院内がん登録2017(基本日 平成29年12月31日現在)

三友堂病院
院内がん登録(2017)

目次
1.はじめに
2.院内がん登録の登録方法とデータの種類
a.当院の院内がん登録の収集方法
b.院内がん登録の登録対象
c.「院内がん登録(2017)発行に使用したデータベース
d.「癌患者名簿」データベースにおける生存年数の基本日およびステージ別転帰
e.累積生存率における生存年数
f.「癌患者名簿」データベースでの多重がんの生存年数およびステージ分類
3.院内がん登録統計
a.がん登録統計(「癌登録」データベースより)
 ※一患者複数データ(多重がん含む)
1)記入日での統計、2)起算日での統計、3)診断日での統計
b.がん登録統計(「癌患者名簿」データベースより)
1)部位別・転帰、2)ステージ別・転帰、3)ステージ別・生存年数
4)部位別・ステージ、5)部位別・初期治療
4.当院の主要がんに対する統計
a.胃癌、b.大腸癌、c.乳癌、d.前立腺癌、e.膀胱癌、f.肺癌、g.当院主要がん術後再発率
5.当院の全国がん登録オンラインシステムの状況報告
a.平成29年全国がん登録オンラインシステムへの取り組みと報告
b.今後の当院の院内がん登録システム
6.さいごに
文献

1.はじめに
 三友堂病院の院内がん登録は平成21年から開始した。それは平成23年11月に認定された「日本がん治療認定医機構 認定研修施設」の認定基準を満たすために急遽始めた事業であったために、秘書が使い慣れているデータベースでプログラミングしデータを蓄積してきた。その後平成26年11月から国立がん研究センター がん対策情報センターが開発した院内がん登録支援ソフト 「Hos-CanR Plus」(以後、「Plus」)(バージョンアップ後 「Hos-Can R NEXT」、以後、「NEXT」)1)も併用して入力を行っている。現在のところ二つのソフトにデータ入力を行っているがデータ管理部署が他部署へ移行後はNEXTへの入力だけになる予定である。
 平成28年発行の「三友堂病院 院内がん登録(2015)」2)でデータ登録担当部署が総務課秘書係(元 秘書課)から医事課に変更予定である旨を公表したがまだ移行していない。そのため、今回も当院独自のデータファイルから統計処理を行い今回の「院内がん登録(2017)」を作成するに至った。次年からは完全に他部署へ移行するのでこの形式の「院内がん登録」は最後になる。今回の「院内がん登録(2017)」には、今後の院内がん登録の基本となる起算日による分類を取り入れた。更に今後の全国がん登録オンラインシステムでのデータ転送の一助になればと思い、去年のデータ転送状況を報告する。

目次に戻る

2.院内がん登録の登録方法とデータの種類

a.当院の院内がん登録の登録方法
 当院の院内がん登録は、医師が電子カルテに保存する「山形県悪性新生物患者届出票」(以下、県届出票)をもってデータの収集を開始することになっている。ところがデータ入力を初めてみると未登録がん患者が多数存在することが判明した。そのため平成23年11月頃から医師がスムーズに保存できるようにあらかじめ秘書が県届出票を電子カルテに一時保存を行いその後医師が本保存を行うという方法に変更した。その結果、起算日がが平成24年以降の未登録がん患者が大幅に減少してきた。
 起算日とは平成28年から始まった全国がん登録の基本となる月日で、当院診断の場合は診断日が起算日となり、他院診断の場合は当院の初診日が起算日となる。各病院で収集されたデータはその起算日の年毎に全国がん登録オンラインシステムで送ることになっている。
 「県届出票」を秘書が一時保存をする方法に切り替えた結果、平成28年開始の全国がん登録オンラインシステムでのデータ送信では未だ未登録がん患者は見つかってはいない。

目次に戻る

b.院内がん登録の登録対象
1) がん患者と診断した場合(他病院からのがん患者の紹介含む)
2) がん患者を手術した場合
 (手術後に登録、但し術前化学療法等が長引く場合、診断時と手術後の2回登録となる)
3) がん患者が死亡した場合
当院の院内がん登録は、生存年数把握のために、発症時及び死亡時は必ず記載するよう医師に依頼している。

目次に戻る

c.「院内がん登録(2017)」発行に使用したデータベース
 当院のがん患者統計用のデータベースは、医師から収集した県届出票に基づいて登録を行う一患者複数データ、つまり発症時、死亡時、多重がん等、一患者に発行される県届出票の枚数と同じデータ件数を登録する「癌登録」データベースとそれらの情報を追加更新しながら登録する1患者1データ方式の「癌患者名簿」データベースの二つに分けられている。「癌登録」データベースには、県届出票の情報と手術情報、化学療法情報、内分泌療法情報の詳細データも登録している。また、もう一つの「癌患者名簿」データベースは、毎年基本日を更新することにより生存年数を計算し、さらにステージ別転帰や、術後のがん再発または多重がん発症までの年数、初期治療情報や、死亡情報、紹介先の情報、化学療法の情報など様々な情報を追加入力している。

目次に戻る

d.「癌患者名簿」データベースにおける生存年数の基本日およびステージ別転帰
1) 平成 29年に受診して生存が確認されたがん患者は、基本日を平成29年12月31日として生存年数を計算した。
2) 平成 29年に受診しなかったがん患者は、生存年数を不明とした。
3) 平成29年までの間に死亡したがん患者の生存年数は、死亡日を基本日とし生存年数を計算した。
4) ステージ別転帰は平成29年12月31日までの間の動向を転帰で表した。
※上記は、電子カルテを使用し受診の有無を調べた。

目次に戻る

e.累積生存率における生存年数
1)手術症例における生存年数は、手術月日から転帰が確認された年月日の月数で割り出した。
    例:死亡の場合死亡年月日、生存者の場合生存が確認された年月日
2)化学療法及び内分泌療法の生存年数は、化学療法及び内分泌療法が開始された年月日から生存が確認された年月日の月数で割り出した。
3)累積生存率はカプランマイヤー法を用いた。

目次に戻る

f.「癌患者名簿」データベースでの多重がんの生存年数およびステージ分類
 「癌患者名簿」データベースでは1患者1データのため、多重がん患者の場合一番診断日の早いがん発生部位を基準として生存年数およびステージ分類、また、初期治療を分類している。しかし、数ヶ月の間に多重がんがみつかった場合にはステージ分類の重い方をそれらの基準として分類することにした。

目次に戻る

3.院内がん登録統計

a.がん登録統計(「癌登録」データベースより)
 当院のがん登録は、発症時と死亡時の登録となっており死亡した場合は同一患者で同一部位の場合がん登録は2回行っている。そのため統計を出す場合、記入月日での統計以外は死亡時の2回目の登録を省いて統計を出している。但し多重がんの場合、この統計は同一患者でも部位別の初回登録に含まれている。
1)記入日での統計
a)記入日・性別(延べ数)(表1、図1)、
2)起算日での統計
 当院での院内がん登録のデータベースには起算日の項目がなかった。しかし、平成29年10月末に全国がん登録オンラインシステムによるデータ転送の際に、初めて起算日の存在を知った。そのため、当院のデータベースに起算日の項目を急遽追加した。今までの説明では診断日が平成28年のがん患者のデータをオンラインシステムで転送すると伺っていたのでそのつもりでいた。そのため、他院診断で平成28年当院初診の患者は、すでに「県届出票」で平成29年2月の時点で送付していた。後日、県職員にその旨を報告した結果、そのままで良いとの事だったので今回の平成28年の起算日での統計には、全国オンラインシステムで転送したデータだけでなく「県届出票」で送付したデータも含まれている。また、平成29年のデータについては平成30年5月現在まで登録したデータを含めて集計している。6月以降は起算日が平成29年のがん患者は殆ど出てこないとは思われるので、今回この形式の「院内がん登録」は最後となることからあえて最新データも含めて統計をだした。
a)性別(表2、図2)、b)部位別、性別(表3、図3)、c)部位別、年齢(表4,5、図4,5
d)部位別・ステージ別(表6,7、図6,7)、e)部位別・発見経緯別(表8,9、図8,9
3)診断日での統計
a)性別(表10、図10)、b)部位別(表11、図11,12)、
c)部位別・ステージ(表12,13、図13,14)、d)部位別・発見経緯(表14,15、図15,16


目次に戻る

表1 記入日・性別(延べ数)

  H20以前 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
294 124 147 185 309 314 293 264 322 357 2609
373 137 114 105 160 164 146 182 193 189 1763
667 261 261 290 469 478 439 446 515 546 4372



                              図1

表2 起算日・性別

  H28 H29  
217 213 430  
139 120 259  
356 333 689   図2


表3 起算日、部位別・性別

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58  
肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
H28 29 7 45 21 14 15   50 19 5   12 217
H29 36 8 47 32 12 19   30 9 7   13 213
H28 23 2 18 28 5 15 26   10 1 7 4 139
H29 17 2 14 20 8 10 24   8 1 4 12 120
105 19 124 101 39 59 50 80 46 14 11 41 689



                                               図3

表4 起算日 部位別・年齢(H28)

   C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58  他  計
肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌計 婦系
30~39         1           1   2
40~49 1   1 3 1   4     1 1 3 15
50~59 4 1 3 2 2 2 1 2 3   2 1 23
60~69 10 1 14 10 6 2 7 12 7 2   4 75
70~79 14 5 21 19 3 6 6 19 4 1 2 3 103
80~89 18 2 18 10 5 16 5 15 14 2 1 3 109
90以上 5   6 5 1 4 3 2 1     2 29
52 9 63 49 19 30 26 50 29 6 7 16 356


                                                          図4
表5 起算日 部位別・年齢(H29)

   C34  C15  C16  C18  C20  C22-25  C50  C61  C67  C60-68  C51-58   他  計 
肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
20~29                        1  1
30~39                    3  1    4
40~49  1      2    2  3  1          9
50~59  2    4  6  1    4  2  2  1  1  2  25
60~69  11  2  19  19  11  9  6  11  3  2  1  5  99
70~79  16  4  16  7  3  8  9  10  2      3  78
80~89  19  2  18  13  5  8  2  6  7  2  1  12  95
90以上  4  2  4  5    2      3      2  22
 53  10  61  52  20  29  24  30  17  8  4  25  333


                                                            図5

表6 起算日、部位別・ステージ(平成28年)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58  
肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
stage0       12 5   3   14 1 1   36
stageⅠ 13 4 36 9 2 1 10 25 9 3 1 5 118
stageⅡ 8 1 11 6 5 3 7 17 2     1 61
stageⅢ 3 2 6 11 3 1 3 4 1   2 1 37
stageⅣ 19 1 8 7 3 22 3 4 2 2 3 3 77
NA       1   2           4 7
X 9 1 2 3 1 1     1     2 20
52 9 63 49 19 30 26 50 29 6 7 16 356


表7 起算日、部位別・ステージ(平成29年)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
  肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
stage0     1   14 6   4   9     1 35
stageⅠ 15   38 7 3 3 10 17 5 3 1 2 104
stageⅡ 2   5 9 1 3 3 4 2       29
stageⅢ 8 3 3 6 5 3 3 1   2   5 39
stageⅣ 24 4 11 11 4 16 4 7   3 2 2 88
NA           3           12 15
X 4 2 4 5 1 1   1 1   1 3 23
53 10 61 52 20 29 24 30 17 8 4 25 333




                                                        図6



                                                           図7



表8 起算日、部位別・発見経緯(平成28年)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
  肺癌  食道  胃癌  結腸  直腸  肝胆膵  乳癌  前立腺  膀胱  泌系  婦系 
1.   2    5  6  3    6  10          32
2.   4  1  7  5    1    7  1    1  3  30
3.   26  1  24  17  2  12  4  21  15  3  1  4  130
4.                           
5.   19  6  25  19  12  16  14  11  12  2  5  8  149
6.   1  1  2  2  2  1  2  1  1  1    1  15
 計  52  9  63  49  19  30  26  50  29  6  7  16  356

1.がん検診、2.健診・ドック、3.他疾患の経過観察中、4.剖検、5.自覚症状、6.その他・不明

表9 起算日、部位別・発見経緯(平成29年)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
1. 3   9 14 4 1 6 7 1   1   46
2. 4   9 5 2 1 3 1 1     1 27
3. 28 2 23 12 3 9 4 12 6 1   3 103
4.                       1 1
5. 16 7 19 21 10 16 9 10 9 6 2 18 143
6. 2 1 1   1 2 2     1 1 2 13
53 10 61 52 20 29 24 30 17 8 4 25 333

1.がん検診、2.健診・ドック、3.他疾患の経過観察中、4.剖検、5.自覚症状、6.その他・不明



                    図8



                                                             図9

表10 診断日、性別

  H20以前 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
567 162 155 176 200 181 173 194 210 179 2197
525 114 102 114 120 122 97 125 131 96 1546
1092 276 257 290 320 303 270 319 341 275 3743



                                図10

表11 診断日、部位別

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
  肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
H20以下 52 24 316 176 97 43 190 77 39 19 9 50 1092
H21 45 7 53 47 21 39 16 13 9 6 4 16 276
H22 47 10 53 35 15 34 24 14 9 5 4 7 257
H23 39 8 61 39 24 37 30 21 11 3 2 15 290
H24 60 7 74 41 24 25 23 31 12 3   20 320
H25 52 6 67 38 23 37 28 21 6 7 4 14 303
H26 58 5 63 27 13 21 19 19 20 11 3 11 270
H27 57 8 46 43 16 23 28 50 19 8   21 319
H28 51 9 59 47 17 30 23 48 28 5 8 16 341
H29 47 8 54 48 16 17 18 28 17 7 1 14 275
508 92 846 541 266 306 399 322 170 74 35 184 3743
H27山形 905 250 1377 868 411 647 695 805 268 266 564 1676 8732
H27全国 75214 21120 74266 64212 32894 57687 69278 53352 22460 18902 44621 141308 675314



                                                                図11



                                                        図12

表12 診断日、部位別・ステージ(平成28年)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
stage0       12 5   3   14 1 1   36
stageⅠ 13 3 34 8 2 1 10 25 9 3 1 5 114
stageⅡ 8 1 11 6 5 3 7 17 2     1 61
stageⅢ 3 2 5 11 3 1 3 4 1   2 1 36
stageⅣ 18 3 8 6 2 24   2 1 1 4 5 74
NA       1   2           5 8
X 9 1 1 3   1     1     1 17
51 10 59 47 17 32 23 48 28 5 8 18 346


表13 診断日、部位別・ステージ(平成29年)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
stage0   1   14 7   4   9     1 36
stageⅠ 16   38 7 3 3 10 17 5 3 1 2 105
stageⅡ 2   5 9 1 3 3 4 2       29
stageⅢ 8 3 3 6 5 3 3 1   2   5 39
stageⅣ 22 2 10 10 3 12 2 6   2     69
NA           2           9 11
X 4 2 4 5 1 1   1 1   1 2 22
52 8 60 51 20 24 22 29 17 7 2 19 311



                                                              図13



                                                                図14


表14  診断日、部位別・発見経緯別(平成28年)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
  肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
1. 2   5 7 3   6 10     1   34
2. 4 1 7 5   1   7 1   1 3 30
3. 25 1 23 16 2 14 4 21 15 3 1 4 129
4.                          
5. 19 6 24 19 12 16 13 10 11 2 5 11 148
6. 1 2       1     1       5
51 10 59 47 17 32 23 48 28 5 8 18 346

1.がん検診、2.健診・ドック、3.他疾患の経過観察中、4.剖検、5.自覚症状、6.その他・不明

表15 診断日、部位別・発見経緯別(平成29年)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
  肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
1.  3    9  13  5  1  6  7  1        45
2.  4    9  5  2  1  3  1  1      1  27
3.  29  2  23  12  3  6  4  12  6  1    3  101
4.                        1  1
5.  15  6  19  21  10  16  9  9  9  6  2  14  136
6.  1                        1
 52  8  60  51  20  24  22  29  17  7  2  19  311

1.がん検診、2.健診・ドック、3.他疾患の経過観察中、4.剖検、5.自覚症状、6.その他・不明


                                                               図15




                                                                  図16


b.がん登録統計(「癌患者名簿」データベースより)
 「癌患者名簿」データベースは一患者一データと成っている。そのため多重がんの患者の場合、一番最初に発見されたがんでの統計になる。但し、検査等の都合で数ヶ月違いで発見された多重がんの場合、ステージの重い方を基準としている。ここでのがん患者転帰の年齢調整死亡とは90歳以上で平成29年以降に生存が確認されていない生存不明患者を指す。
1)部位別・転帰(表16、図17)、2)ステージ別・転帰(表17、図18)、
3)ステージ別・生存年数(表18、図19)、4)部位別・ステージ(表19、図20)、
5)部位別・初期治療(表20、図21

目次に戻る


表16 部位別・転帰(診断日:H21~H29)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
  肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌系 婦系
1. 100 14 204 154 90 20 134 172 63 23 8 38 1020
2. 288 28 178 114 40 214 28 32 25 20 12 68 1047
3. 29 9 51 34 22 11 21 23 3 1 5 11 220
417 51 433 302 152 245 183 227 91 44 25 117 2287

1.生存、2.死亡(年齢調整死亡含む)、3.不明



                                                                     図17

表17 ステージ別・転帰(診断日:H21~H29)

  生存 死亡 不明  
           図18  
stage0 107 7 17 131
stageⅠ 455 101 92 648
stageⅡ 212 81 45 338
stageⅢ 136 202 26 364
stageⅣ 77 556 29 662
NA 10 14 1 25
X 23 86 10 119
1020 1047 220 2287

死亡(年齢調整死亡含む)

表18 ステージ別・生存年数(診断日:H21~H29)

  stege0 stageⅠ stageⅡ stageⅢ stageⅣ NA X
1年未満 29(1) 107(29) 56(31) 138(111) 431(401) 11(9) 66(58) 838(640)
1~3年未満 44(2) 189(38) 91(22) 100(53) 129(103) 8(2) 23(16) 584(236)
3~5年未満 16(1) 104(8) 49(7) 44(20) 51(35) 2 9(3) 275(74)
5~10年未満 22(1) 141(9) 82(6) 41(3) 14(9) 2(2) 4(1) 306(31)
不明 20(2) 107(17) 60(15) 41(15) 37(8) 2(1) 17(8) 284(66)
131(7) 648(101) 338(81) 364(202) 662(556) 25(14) 119(86) 2287(1047)

               ( )死亡患者



                                         図19

表19 部位別・ステージ(診断日:H21~H29)

    stage0 stageⅠ stageⅡ stageⅢ stageⅣ NA X
C34 肺癌   95(36) 26(11)   120(98) 154(124)    22(19)   417(288)
C15 食道 2 11(3)  5(1)  15(11)  14(11)    4(2)  51(28)
C16 胃癌   222(33)  37(11)  51(28)  105(94)    18(12)  433(178)
C18 結腸 49(4) 53(4)  54(14)  67(27)  69(57)    10(8)  302(114)
C20 直腸 29(1) 22(2)  34(10)  37(7)  25(15)    5(5)  152(40)
C22-25 肝胆膵 1 18(10)  23(14)  18(14)  169(163)  4(3)  12(10)  245(214)
C50 乳癌 14 70(1)  56(8)  17(4)  20(12)    6(3)  183(28)
C61 前立腺   90  82(5)  15(2)  39(25)    227(32)
C67 膀胱 33(2) 36(9)  8(1)  2(2)  10(10)    2(1)  91(25)
C60-68 泌系 1 17(2)  4(2)  5(2)  14(11)    3(3)  44(20)
C51-58 婦系 2 4  1(1)  4(3)  9(7)    5(1)  25(12)
その他   10(1)  8(3)  13(4)  34(27) 21(11)   31(22)  117(68)
131(7) 648(101)  338(81)  364(202)  662(556) 25(14)   119(86)  2287(1047)

( )内死亡患者(年齢調整死亡含む)


                       図20


表20 部位別・初期治療(診断日:H21~H29)

  C34 C15 C16 C18 C20 C22-25 C50 C61 C67 C60-68 C51-58
  肺癌 食道 胃癌 結腸 直腸 肝胆膵 乳癌 前立腺 膀胱 泌計 婦系
1. 9(6) 5(2) 148(36) 133(40) 76(13) 19(9) 118(8) 49 77(15) 19(9) 1(1) 28(3) 682(142)
2. 1   23(3) 34(4) 12(1) 1       6   1 78(8)
3.   2 95(9) 60(3) 35(3)               192(15)
4. 129(97) 4(3) 20(17) 8(7) 3(2) 26(26) 29(8) 105(18) 2(2) 1(1)   3(2) 330(183)
5. 115(108) 6(5) 61(60) 22(21) 9(8) 94(89) 1(1) 5(5) 5(4) 6(4) 6(6) 34(33) 364(344)
6. 48(41) 12(9) 48(43) 33(31) 11(11) 77(68) 4(4) 11(2) 4(2) 10(5) 4(3) 23(16) 285(235)
7. 97(26) 14(4) 26(2) 6(2) 4(1) 14(12) 27(3) 49 1   13(1) 19(6) 270(57)
8.  5(5)   1(1)      1(1)             1(1) 8(8) 
9.  11(4) 5(4)  8(6)  6(6)  2(1)  3(3)  4(4)  8(7)  2(2)  2(1)  1(1)  6(5)  58(44) 
10.  2(1)  3(1) 3(1)      10(6)            2(2)  20(11) 
 417(288) 51(28)  433(178)  302(114)  152(40)  245(214)  183(28)  227(32)  91(25)  44(20)  25(12)  117(68)  2287(1047) 

1.外科的根治術、2.体腔鏡的手術、3.内視鏡的根治術、4.化学療法・内分泌療法、5.緩和ケア
6.姑息・対症療法、7.治療目的で他院へ紹介、8.診断のみ、9.他院での初期治療終了後、10.その他



1.外科的根治術、2.体腔鏡的手術、3.内視鏡的根治術、4.化学療法・内分泌療法、5.緩和ケア
6.姑息・対症療法、7.治療目的で他院へ紹介、8.診断のみ、9.他院での初期治療終了後、10.その他
                      図21


4.当院の主要がんに対する統計

a.胃癌(診断日H21~H29)
1)診断の契機(表21)、2)手術 部位別アプローチ(表22)、
3)手術 施行年別アプローチ(表23)、4)手術 占拠部位別術式(表24)、
5)手術 占拠部位別組織型(表25)、
6)手術症例(施行日H20~H29)10年生存率(図22)、
7)手術症例(施行日H24~H29)5年生存率(図23
8)ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間(表26

目次に戻る
 
b.大腸癌(診断日H21~H29)
1)診断の契機(表27)、2)手術 部位別アプローチ(表28)、
3)手術 施行年別アプローチ(表29)、4)手術 占拠部位別術式(表30)、
5)手術 占拠部位別組織型(表31)、
6)手術症例(施行日H20~H29) 10年生存率(図24)、
7)手術症例(施行日H24~H29) 5年生存率(図25
8)ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間(表32

目次に戻る

c.乳癌(診断日H21~H29)
1)診断の契機(表33)、2)手術 腫瘤占拠部位(表34)、3)術式(図26)、
4)手術 占拠部位別組織型(表35)
5)手術症例(施行日H20~H29)10年生存率(図27)
6)手術症例(施行日H24~H29)5年生存率(図28)
7)ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間(表36

目次に戻る

d.前立腺癌(診断日H21~H29)
1)診断の契機(表37)、2)手術・内分泌療法累積生存率(施行日H21~H29)(図29
3)ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間(表38
e.膀胱癌(診断日H21~H29)
1)診断の契機(表39)、2)手術症例累積生存率(施行日H21~H29)(図30
3)ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間(表40

目次に戻る

f.肺癌(診断日H21~H29)
1)診断の契機(表41)、2)手術・化学療法累積生存率(施行日H21~H29)(図31
g.当院主要がん術後再発率
1)当院主要がん術後再発率(図32

目次に戻る

表21 胃癌 診断の契機(診断日H21~H29)

  根治術 根治術以外 ESD・EMR 組織診 組織診以外
H21 22   10 19 1 52
H22 23 1 8 19 2 53
H23 22 4 10 23 2 61
H24 34 1 11 27 1 74
H25 17 1 20 23 6 67
H26 24 1 13 24 1 63
H27 17   12 16 1 46
H28 23   19 16 1 59
H29 16   26 18   60
198 8 129 185 15 535


表22 胃癌手術 部位別アプローチ(診断日H21~H29)

  A:開腹 E:内視鏡 L:腹腔鏡
U上部 47 17 1 65
M中部 70 51 13 134
L下部 48 64 14 126
G食道胃接合部 2     2
167 132 28 327


表23 胃癌手術 施行年別アプローチ(診断日H21~H29)

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30
A:開腹 17 22 17 28 19 19 8 22 15   167
E:内視鏡 9 8 10 10 21 12 13 20 27 2 132
L:腹腔鏡 2 1 5 4 2 3 7 2 2   28
28 31 32 42 42 34 28 44 44 2 327


表24 胃癌手術 占拠部位別術式(診断日H21~H29)

  DG: TG: PG: PP: LE: SR: MR: SD: OT:
U上部  2  25  18    3      17    65
M中部  48  19  3  6  5  1  1  50  1  134
L下部  56  3    1  2    1  63    126
G食道胃接合部    2                2
 106  49  21  7  10  1  2  130  1  327

DG:幽門側胃切除術、TG:胃全摘術、PG:噴門側胃切除術、PP幽門保存胃切除術
LE:胃局所切除術、SR:胃分節切除術、MR:胃粘膜切除術、SD:胃粘膜剥離術、OT:その他

表25 胃癌手術 占拠部位別組織型(診断日H21~H29)

  pap: tub1: tub2: sol: non: sig: muc: GIST CND: mis:
U上部   24 20 7 5 3   4 1 1 65
M中部 6 56 31 17 12 7 1 3 1   134
L下部 4 71 30 11 8 1 1       126
G食道胃接合部   1         1       2
10 152 81 35 25 11 3 7 2 1 327

pap:乳頭腺癌、tub1:高分化型管状腺癌、tub2:中分化型管状腺癌、sol:充実型低分化腺癌
non:非充実型低分化腺癌、sig:印環細胞癌、muc:粘液癌、GIST:胃腸管間質性腫瘍
CND:カルチノイド腫瘍、mis:その他の癌



                          (消息判明率88.65%)
                   図22


                                                                    (消息判明率91.6%)
                     図23

表26 胃癌手術(H21~H29)ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間

  1年未満 1~3年未満 3~5年未満 5~10年未満
stageⅠ 174(18) 3(2) 9(1) 2 3 191(21)
stageⅡ 24(2)   3(2)     27(4)
stageⅢ 27(8) 3(3)  5(4)     35(15)
stageⅣ 8(5) 2(1) 3(3)     13(9)
NA 1         1
234(33) 8(6) 20(10) 2 3 267(49)


表27 大腸癌 診断の契機(診断日H21~H29)

  根治術 根治術以外 ESD・EMR 組織診 組織診以外
H21 48 1 6 7 6 68
H22 34 7 1 4 4 50
H23 29 2 16 9 7 63
H24 36   12 15 2 65
H25 35 3 14 7 3 62
H26 23   7 8 2 40
H27 31   16 5 8 60
H28 33 1 18 11 1 64
H29 29   26 11 5 71
298 14 116 77 38 543


表28 大腸癌手術 部位別アプローチ(診断日H21~H29)

  開腹 腹腔鏡 経肛門的 内視鏡
A:上行結腸  47  5    11  63
T:横行結腸  31  9    7  47
D:下行結腸  10  3    3  16
S:S状結腸  51  15    51  117
C:盲腸  22  6    5  33
V:虫垂  1        1
Rs:直腸S状部  24  5    10  39
Ra:上部直腸  27  5  1  13  46
Rb:下部直腸  24  7  2  19  52
 237  55  3  119  414


表29 大腸癌手術 施行年別アプローチ(診断日H21~H29)

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30
開腹 46 33 26 34 26 13 15 22 22   237
腹腔鏡 1 2 1   8 10 12 11 8 2 55
経肛門的 1   2               3
内視鏡 6 1 16 12 14 8 17 19 24 2 119
54 36 45 46 48 31 44 52 54 4 414



表30 大腸癌手術 部位別手術術式

  RH: LH: S: PC: HA: LA: H: A: I: E: T&L
A:上行結腸 41     1         10 11   63
T:横行結腸 11 3   26           7   47
D:下行結腸   4 1 7 1         3   16
S:S状結腸     43 1 15 4 2 1   51   117
C:盲腸 9             1 18 5   33
V:虫垂 1                     1
Rs:直腸S状部         20 9       10   39
Ra:上部直腸         3 27 2     13 1 46
Rb:下部直腸           10   21   19 2 52
62 7 44 35 39 50 4 23 28 119 3 414

RH:結腸右半切除術、LH:結腸左半切除術、S:S状結腸切除術、PC:結腸部分切除術
HA:高位前方切除術、LA:低位前方切除術、H:Hartmann手術、A:腹会陰式直腸切断術
I:回盲切除術、E:EMR・ESD・ポリープ切除術、T&L:腫瘍切除術&局所切除術

表31 大腸癌手術 部位別組織型

  pap: tub1: tub2: ade: sol: non: sig: muc: CND: mis:
A:上行結腸 11 14 32   2 1   3     63
T:横行結腸 5 13 27   2           47
D:下行結腸   4 12               16
S:S状結腸 9 39 65 1 1     2     117
C:盲腸 2 11 14   3 1 1     1 33
V:虫垂     1               1
Rs:直腸S状部 6 9 23         1     39
Ra:上部直腸 3 14 27         1 1   46
Rb:下部直腸 1 13 34 1         2 1 52
37 117 235 2 8 2 1 7 3 2 414

pap:乳頭腺癌、tub1:高分化型管状腺癌、tub2:中分化型管状腺癌、sol:充実型低分化腺癌
non:非充実型低分化腺癌、sig:印環細胞癌、muc:粘液癌、CND:カルチノイド腫瘍、
mis:その他の癌


                            (消息判明率84.1%)

                     図24



                                                             (消息判明率93.1%)
                   図25

表32 大腸癌手術(H21~H29)ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間

  1年未満 1~3年未満 3~5年未満 5~10年未満
stage0   74(3)   2(1) 1(1) 1(1) 78(6)
stageⅠ 62(2) 1 6(2) 2(2) 1 72(6)
stageⅡ 56(9) 4(2) 11(4) 5(3) 1 77(18)
stageⅢ 62(7) 9(5) 11(4) 3 2 87(16)
stageⅣ 28(13) 2(1) 4(3)   1 35(17)
X 1(1)         1(1)
283(35) 16(8) 34(14) 11(6) 6(1) 350(64)


表33 乳癌 診断の契機(診断日H21~H29)

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
根治術 12 21 23 14 16 10 18 14 16 144
根治術以外     1             1
組織診 4 3 5  9 11 7 10 8 6 63
組織診以外     1   1 2   1   5
16 24 30 23 28 19 28 23 22 213


表34 乳癌手術 腫瘤占拠部位(診断日H21~H29)

  左側 右側 両側
A:内上部 22 20   42
B:内下部 2 5   7
C:外上部 23 34 1 58
D:外下部 10 11   21
C':腋窩部 1 2   3
E:乳輪部 5 6 1 12
E':乳頭部   1   1
63 79 2 144




                                        図26

表35 乳癌手術 占拠部位別組織型

  1-a 1-b 2-a2 2-a3 2-b1 2-b3 2-b5 2-b6 2-b11 3
A:内上部   5  6  13  13  1  3    1      42
B:内下部   2    3  2              7
C:外上部   8  7  19  11  4  7      2    58
D:外下部   2  3  8  5  1  1  1        21
C':腋窩部       2      1          3
E:乳輪部   1  2  4  4    1          12
E':乳頭部                     1  1
 18  18  49  35  6  13  1  1  2  1  144

1-a:Noninvasive ductal carcinoma, 1-b:Lovular carcinoma in situ,
2-a2:Solid-tubular carcinoma, 2-a3:Scirrhous carcinoma,
2-b1:Mucinous carcinoma, 2-b3:Invasive lobular carcinoma,
2-b5:squamous cell carcinoma, 2-b6:Spindle cell carcinoma,
2-b11:その他の浸潤癌、3.Paget病


                            (消息判明率 92.3%)

                         図27




                                                                    (消息判明率 100%)
                   図28

表36 乳癌手術(H21~H29) ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間

  無  1年未満  1~3年未満  3~5年未満  計 
stage0   11       11 
stageⅠ   58(1)      59(1)
stageⅡ   40(6)   2(1)   44(7)
stageⅢ   9(1)      10(1)
stageⅣ   2 1    
 1      
計   121(8) 2(1)  128(9) 

表37 前立腺癌 診断の契機(診断日H21~H29)

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
根治術 5 6 5 9 6 5 4 11   51
根治術以外 1             2   3
組織診 8 6 15 21 13 12 41 33 28 177
組織診以外   2 1 1 2 2 5 2 1 16
14 14 21 31 21 19 50 48 29 247


                                                                                       (消息判明率90.3%)
                         図29

表38 前立腺癌手術(H21~H29) ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間

  1年未満 1~3年未満 3~5年未満
stageⅠ 11   1   12
stageⅡ 24 1 2 2 29
stageⅢ 7       7
stageⅣ 1       1
43 1 3 2 49

          死亡者無し

表39 膀胱癌 診断の契機(診断日H21~H29)

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
根治術 8 8 8 8 6 19 18 25 15 115
組織診 1   1 2   1 1     6
組織診以外     2 2       3 2 9
不明(他院診断)   1               1
9 9 11 12 6 20 19 28 17 131



                                                                      (消息判明率92.5%)
                     図30

表40 膀胱癌手術(H21~H29)ステージ別 術後再発・転移・多重癌発症までの期間

  1年未満 1~3年未満 3~5年未満 5~10年未満
stage0 27(2) 1 2 1 1 32(2)
stageⅠ 29(7) 6(2)   1   36(9)
stageⅡ 5   1(1)     6(1)
stageⅢ     1(1)     1(1)
stageⅣ 1(1)   1(1)     2(2)
62(10) 7(2) 5(3) 2 1 77(15)


表41 肺癌 診断の契機

  H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29
根治術 5 1 1 2   1 1 1 1 13
根治術以外     1             1
組織診 21 39 32 45 47 49 49 44 41 367
組織診以外 19 8 6 13 5 10 7 6 10 84
45 48 40 60 52 60 57 51 52 465

                                                  (消息判明率93.9%)
                       図31


                                            図32


5.当院の全国がん登録オンラインシステムの状況報告

a.平成29年全国がん登録オンラインシステムへの取り組みと報告  平成29年から始まった全国がん登録オンラインシステムでは診断日が平成28年のがん患者を全てオンラインシステムで送付するのが義務づけされていた。送付するデータファイルは全国がん登録届出様式のPDFファイルで送信するかCSVファイルで送信するかの二通りの様式であった。オンラインシステムの開始も当初4月からの開始とされていたが結局6月からの開始となった。当院では国立がん研究センターが開発したデータベースソフトの導入はしていたものの、まだ「Plus」の状態だったのでCSVファイルの出力をすることができなかった。そのため、当院では全国がん登録様式のPDFファイルで送付することにした。そのため、医師が電子カルテに「県届出票」を保存すると、PDFファイルを作成し、オンラインシステムが稼働すると同時に次々とデータを送信した。約300症例を送信した後で、県職員からの連絡をいただきその時の情報で「NEXT」の存在をしった。「NEXT」はオンラインシステム送信のためのCSVファイル出力が可能ということなので早速バージョンアップを開始した。そのため、「NEXT」への入力はそれ以後の新たに発生したがん患者の情報だけ入力することとし、県へもその旨報告し了解を得た。  その時までは、診断日が平成28年以降のものはオンラインシステムでの送付、それ以前のものは紙ベースで地域がん登録への送付と思い込んでいた。それというのも全国がん登録の最初の米沢での説明会の時、診断日が平成28年の症例を平成29年に稼働したオンラインシステムで送付するという説明だったが、診断日がそれ以前のがん患者が出た場合はどうするのかの質問が出たときに今まで通り紙ベースの「県届出票」での送付となるのではないかと説明されたからである。その当時は、全国がん登録オンラインシステムでのデータ送付というのがどのようなものなのか検討もつかなかった。私個人としては、外科系の手術データオンラインシステム、専門医制度と連動した手術症例の入力の『一般社団法人National Clinical Database』(以下、NCD)4)のようなものではないかと思っていた。そのため、PDFファイルにデータを入力していれば、オンラインシステムが稼働してもすぐ入力できると思っていた。ところが、平成29年度に入りやっとその全貌がわかり(NCD)とは全く異なるデータ送信であることが判明し、PDFでの送信か、CSVファイルでの送信かの選択であった。とりあえず作成していたPDFファイルでの送信も順調に終了していたので、残り数枚のみのCSVファイルを送信すれば完了するというところまでこぎ着けた。  ところが、全国がん登録オンラインシステムでの送信が全国各地で大詰めを迎えたころ、県の方からPDFファイルの中身が平成28年と平成29年と両方存在すること、また「NEXT」が導入されたのなら診断日が平成28年のだけ抽出しCSVファイルで再度送信してほしいとの連絡が入った。それまでのがん登録は診断日が何年の場合でも一緒に年2回くらいの割合でまとめてレターパックで県に送付していた。だからそれと同じように平成28年を境にしてオンラインシステムでの送付と紙ベースでの送付に分ければ良いと解釈していたのが間違いだったのである。その時、県職員の方と何回もメールや電話でのやりとりを繰り返しやっと判明したのが、診断日の解釈だった。様々な説明の中での診断日が平成28年というのは起算日のことだったのである。起算日とは、がん患者が診断前に当院を受診しがんの診断がついた場合、診断日が起算日となり、他院で診断がついて当院に転院した場合は、当院での初診日が起算日となる。つまり、当院で初めてがんの診断がついた日が起算日ということになる。結局起算日が平成28年のがん患者の症例を平成29年の定められた日までにオンラインシステムで送信するという事だったのである。  診断日が平成28年ということであれば、これからも診断日が平成27年以前の患者が当院に来院する可能性があるから何時までも紙ベースの届出票が必要になると思っていたのだが、起算日が平成28年以降ということであれば、今までの患者が未登録ということ以外は全て今後はオンラインシステムでの対応となる。  県の方からの依頼でCSVファイルを出力する為に、約300数件あまりの「Plus」のデータを削除し「NEXT」へのデータ打ち治しを余儀なくされた。「Plus」の項目内容と「NEXT」の項目内容は大幅に違っており、オンラインシステムでの送信の締め切りも押し迫っていたので調べる事ができなかったが、「Plus」から「NEXT」へのデータ移行は恐らくできなかったのではないかと思われる。担当者が一人という事で、疑問を投げかけるのは県職員の方にしかできなかったため、県の方も大変だったとは思われるがどんな質問にも丁寧に返答してくださり、本当に感謝している。                      色々とトラブル豊富な一年ではあったが平成29年でのオンラインシステムでの送信は無事終了した。

目次に戻る

b.今後の当院の院内がん登録システム
 当院の院内がん登録は、医師が電子カルテに保存する「県届出票」をもってがん患者の集約した情報としていた。しかし、今回の全国がん登録オンラインシステムでの騒動を巡って起算日を基本としたデータ送信となることから「県届出票」は今後県に届け出る必要がなくなってきた。今回、当病院での未登録のがん患者の「県届出票」の件について県の方に問い合わせた結果、それらの届出は必要無いとのコメントをいただいた。恐らく、今後は、それらの患者が亡くなったときの戻り調査での対処となるのではないかと思われる。そのため、今後の当院の医師によるがん患者情報の登録をどのようになすべきか検討をする必要がある。しかし、担当部署が移行する現在ではこれらの課題は医事課での検討課題であるために秘書係としては情報提供のみ行う予定である。


目次に戻る

6.さいごに
 今回、この形式の「院内がん登録」は最後となる。前回までの「院内がん登録」は、統計の結果や考察を様々な角度から捉えて報告してきたが今回はあえて統計のみの報告とした。その代わりこれから必要となるであろう全国がん登録への取り組みに際しての一助となればと思い、去年の全国がん登録オンラインシステムでの様々な出来事を報告した。  顧みると当院の院内がん登録は急遽始めた事業であったことから日頃秘書が使用していたソフトを利用し、医師と協力しながら様々な検索、統計処理ができるように開発設計したシステムで当院独自のものであった。しかし、この度この業務は当院医事課に引き継がれ、国立がん研究センターが開発したソフト「NEXT」でのデータ収集が決定している。現在のところ当院では「NEXT」での検索および統計が確立されておらず、医師の希望で秘書が開発したソフトへのデータ入力は引き続き行ってきたが、現状でのコンピュータ動作環境ではまだ動くもののこの基本ソフトはすでに廃盤となっておりバージョンアップすることができないためいずれは動作しなくなる可能性がある。また、データ入力から分析までの操作可能なスタッフは私のみであり、私事ながらすでに定年後の臨時職員として最後の勤務の年となるため今回の「院内がん登録2017」は最後となる。平成24年から発行、継続できましたことは、これまで、この事業に協力して下さった多くの医師と病院の関係者、またご助言を下さいました方々に感謝する次第であります。

目次に戻る

文献
1)https://ganjoho.jp/reg_stat/can_reg/hospital/info/support_software.html
2)http://hospital.sanyudo.or.jp/656.html
3)https://ganjoho.jp/data/reg_stat/statistics/brochure/2015_report.pdf,p122-123
4)http://www.ncd.or.jp/



00469