患者さんの権利と責務

〈権利〉
1. 尊重される権利
全ての患者さんに、その生命、身体、人格が尊重される権利があります。
2. 平等な医療を受ける権利
全ての患者さんに、何事にも差別されることなく、平等な医療を受ける権利があります。
3. 最善の医療を受ける権利
全ての患者さんに、良質な医療を受ける権利があります。また、医療のどの段階においても、病院や医師を自由に選択する、あるいは他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
4. 知る権利
全ての患者さんに、自らの状況を理解し、真実を知るために、必要な情報を得る権利があります(カルテの開示等)。また、十分に理解できるまで説明を受ける権利があります。
5. 自己決定権
全ての患者さんに、診療に関する情報と助言、わかりやすい説明を得た上で、ご自身の自由意思で検査、治療その他の医療行為を受ける、選択するあるいは拒否する権利があります。
6. プライバシーの権利
全ての患者さんに、プライバシーが守られ機密が保持される権利があります。
   
〈責務〉
1. 医療は医療従事者との共同行為であり、患者さんも療養に努めなければなりません。
2. 適切な医療を受けるために、患者さんの健康状態などの他、必要とされる情報を正しく医療従事者に伝える責務があります。
3. 医療従事者から十分な情報提供と説明を受けた上で、診断や治療方針の決定について、患者さんの意思を明らかにする責務があります。
4.

全ての患者さんが適切な医療を受けるため、当院が定める規則を守っていただくほか、他の患者さんの医療提供の支障とならないよう配慮する責務があります。