院内がん登録2014(基本日 平成26年12月31日現在)

三友堂病院
                          がん登録担当部 診療部(がん診療部門)
                                  人事企画部 秘書課
目次
1.はじめに
2.院内がん登録の登録方法とデータの種類
3.院内がん登録統計
 a.がん登録患者数(延べ数)
 b.がん登録患者実数統計
 c.当院の主要がん(胃、大腸、乳腺、肺、前立腺)登録患者統計
 d.術後再発、転移、重複癌等に関する統計
4.結果
5.まとめ
6.さいごに
7.文献

1.はじめに

 三友堂病院では、平成21年より院内がん患者のデータを電子データとして登録を開始した。さらに平成24年からは、院内がん患者の把握のため、また、生存年数把握のために、保管されていた「山形県悪性新生物患者届出票」の控えから、現在も当院に通院しているがん患者を抽出し電子データに登録した。さらに、当院で根治術(外科的根治術、内視鏡でのEMR・ESD・ポリペクトミー)を施行した患者の予後も確認し、再発、転移または別部位に新たにがんの発症が確認されたかどうかの確認もおこなった。もし、がんの発生が確認された場合は、診断日から確認日までの期間をデータとして入力した。平成26年からはがん患者の初期治療のデータも追加し、さらには国立がん研究センター がん対策情報センターが開発した「院内がん登録支援ソフト Hos-CanR Plus」1)を入手し、平成26年11月から試験的に入力を開始した。このことは、平成28年からの国の事業として始まる「がん登録推進法」のもと、日本でがんと診断された方のデータを収集する「全国がん登録」の開始2)の下準備として取り入れた。これは全国での標準様式にしたがった院内がん登録の入力方法を取り入れ、当院の院内がん登録と全国がん登録の集計を比較することで、当院の特徴などを把握するためにも役立つのではないかと期待される。
 平成21年から本格的に開始した院内がん登録は、様々な統計に対応しているため、当院のがん患者の把握、診療評価のための資料、臨床疫学研究への資料などさまざまな目的に利用されるようになった。
 今回の統計は、平成26年に登録したデータの集計と平成26年登録を含む全てのがん患者のデータの集計に分類し、「院内がん登録」としてまとめた。また、山形県健康福祉部で発行している「山形県のがん 2011(平成23年)」3)の集計に基づいて、当院のがん患者のデータと比較した。その統計分析結果を報告する。


目次に戻る

2.院内がん登録の登録方法とデータの種類
a.院内がん登録の収集方法

 医師が、山形県の地域がん登録事業に提供する「山形県悪性新生物患者届出票」(以下届出票)の発行に基づき、データを収集する。
 当院の登録方式には、がん患者と診断確定した時点で医師自ら届出票を発行する場合と、事務が電子カルテに一時保存を行い、後日医師が確認し届出票の本保存を行う場合の二通りある。後者は、当院秘書課で入力している様々な患者データ4)を元に、未登録がん患者を割り出し、それを基に届出票をあらかじめ作成し電子カルテに一時保存を行う。そのときの登録に使用した資料と一時保存の届出票を印刷ファイルし、医師に提出する。その後、医師がそれらを確認して本保存を行うという方式である。
b.院内がん登録の登録対象

 1) がん患者と診断した場合(他病院からのがん患者の紹介含む)
 2) がん患者を手術した場合(同一科の場合、手術後に登録)
 3) がん患者が死亡した場合
※山形県の地域がん登録事業には、同一部位の場合上記1~3のうちどちらか1回のみ提出でと依頼されている。しかし、院内がん登録は、生存年数把握のために、発症時及び死亡時は必ず記載するよう医師に依頼している。
c.生存年数の基本日およびステージ別転帰

 1) 平成 26年に受診して生存が確認されたがん患者は、基本日を平成26年12月31日として生存年数を計算した。
 2) 平成 26年に受診しなかったがん患者は、生存年数を不明とした。
 3) 平成26年までの間に死亡したがん患者の生存年数は、死亡日を基本日とし生存年数を計算した。
 4) ステージ別転帰は平成26年12月31日までの間の動向を転帰で表した。
※上記は、電子カルテを使用し受診の有無を調べた。
d.重複がんの生存年数およびステージ分類

 重複がん患者の生存年数およびステージ分類は、基本的には、診断日の早い方のがんを基準としているが、数ヶ月の間に重複がんがみつかった場合にはステージ分類の重い方を診断日の基準として使用した。
e.院内がん登録用のデータベース

 当院の院内がん登録用のデータベースは、医師から収集した届出票に基づいて登録を行う一患者複数データ、つまり発症時、死亡時、重複癌等、一患者に発行される届出票の枚数と同じデータ件数を登録するデータベースと発症時、死亡時、重複等の情報を追加更新しながら登録するがん患者名簿用データベースで1患者1データ方式のデータベースに分けられている。院内がん登録用のテータベースは届出票の情報と主要癌(胃癌、大腸癌、乳癌)の詳細情報を登録し、がん患者名簿用のデータベースには、c.生存年数の基本日およびステージ別転帰や、d.重複癌の生存年数およびステージ分類、初期治療情報や、死亡情報等を登録する。

目次に戻る

3.院内がん登録統計
a.がん登録患者数(延べ数)(院内がん登録データベースより)

1) 部位別
 登録された全てのがん患者(新規発生登録、死亡時登録)の延べ数を年別に表した(表1)。また、過去5年間のがん登録患者を部位別・登録年別のグラフで表した(図1)。
平成26年登録がん患者と全がん登録患者に分けて、部位別の比率を表した(図2)。
2)性別
 登録された全てのがん患者の延べ数を性別で表した(表2図3
3)発見経緯別
 (1)登録された全てのがん患者の延べ数を発見経緯別で表した(表3図4)。また、平成26年登録患者と全がん登録患者に分けて、発見経緯別の比率を表した(図5
 (2)がんの診断日が平成23年で、なおかつ死亡報告等で登録したものを省いたがん患者と、山形県のがん 2011(平成23)に報告されている部位別発見経緯5)とを比較した。尚、県で発表している剖検による発見(胃0.1、大腸0.1)は、その他不明に加算しグラフを作成した(図6)。
4)部位別患者年齢分布
 登録された全てのがん患者の延べ数を部位別、年齢別で表した。年齢は、がん登録記載月日を基本日として計算した(表4図7)。

表1 がん登録患者 部位別・登録年別統計(延べ数)
 
部位
H20
以前
H21
H22
H23
H24
H25
H26
合計
C34
肺癌
10
50
55
67
91
87
88
448
C15
食道癌
12
5
9
8
9
7
12
62
C16
胃癌
235
50
56
62
105
97
88
693
C18
結腸癌
131
46
40
37
62
52
52
420
C20
直腸癌
68
27
21
18
33
33
18
218
C22
肝癌
10
18
14
 14
 14
 12
 8
 90
C23
胆嚢癌
6
 3
3
 4
11
4
 7
 38
C24
胆管癌
 2
 9
 5
 6
 5
 10
 8
 45
C25
膵癌
 1
 16
 15
 16
 20
 27
 13
 108
C50
乳癌
 148
 19
 21
 21
 27
 31
 34
 301
C73
甲状腺癌
19
 1
 4
 2
 1
 7
 2
 36
C61
前立腺癌
 1
 1
 2
 12
 45
 49
 42
 152
C67
膀胱癌
 3
 4
 1
 5
 24
 21
 35
 93
C68
泌尿器関連癌
 
 
 5
 4
 4
 12
 16
 41
C57
婦人科系癌
 
 6
 3
 2
 1
 5
 6
 23
その他
 13
 6
 7
 12
 17
 24
 9
 88
合計
 659
 261
 261
 290
 469
 478
 438
 2856

図1

図1


図2

図2

表2 がん登録患者 性別・登録年別統計(延べ数)

登録年・性別 合計   図3
図3
H20年以前 294 365 659  
H21年 124 137 261  
H22年 147 114 261  
H23年 185 105 290  
H24年 309 160 469  
H25年 314 164 478  
H26年 292 146 438  
合計 1665 1191 2856  


表3 がん登録患者 発見経緯別・登録年別統計(延べ数)

登録年・発見経緯 癌検診 健診・ドック 他疾患の経過観察中 自覚症状 その他 合計
H20年以前 38 153 110 297 61 659
H21年 20 17 74 136 14 261
H22年 16 17 78 140 10 261
H23年 12 24 101 137 16 290
H24年 22 36 162 220 29 469
H25年 17 59 192 188 22 478
H26年 3 67 155 175 38 438
合計 128 373 872 1293 190 2856

図4

図4

図5

図5


図6
図6

表4 がん登録患者 部位別年齢分布(延べ数)

臓器別 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90代以上 合計
C34肺癌 1   7 18 79 147 167 29 448
C15食道癌     1 6 21 18 15 1 62
C16胃癌   6 25 68 177 207 172 38 693
C18結腸癌 1 1 12 47 84 132 109 34 420
C20直腸癌   2 6 36 56 62 46 10 218
C22肝癌     1 10 21 40 18   90
C23胆嚢癌     1 1 5 6 20 5 38
C24胆管癌       1 8 14 15 7 45
C25膵癌     2 12 26 33 30 5 108
C50乳癌 1 10 61 53 86 55 28 7 301
C73甲状腺癌     11 6 9 5 3 2 36
C61前立腺癌       4 31 58 52 7 152
C67膀胱癌   1   7 11 23 46 5 93
C68泌尿器関連癌    1  1  2  4  13  14  6  41
C57婦人科系癌    1  4  3  2  7  3  3  23
その他の癌    2  1  8  16  24  32  5  88
 合計 3  24  133  282  636  844  770  164  2856




図7
図7


目次に戻る


b.がん登録患者実数統計(がん患者名簿データベースより)

1) 部位別、性別
 (1)平成26年に登録されたがん患者の内、新規にがん患者名簿に登録された患者を男女別で表した
表5図8)。
  (2)当院で登録された全がん患者の実数を男女別で表した(表6図9)。
 (3)当院で登録された全がん患者のうち、生存が確認された患者の実数を男女別で表した(表7
図10)。
 (4)当院で登録されたがん患者の内、平成26年に新規登録された患者、全がん登録患者、全生存が
ん登録患者を性別に分けて部位別の%で表した(図11)。
 (5)山形県のがん 2011(平成23年)と比較するために、診断日が平成23年のがん患者を男女別、
部位別に表した(表8図12)。さらに、診断日が平成23年のがん患者を男女別、部位別に%で表し、
山形県のがん 2011(平成23年)に報告されている男女別、部位別の比率6)を元に当院と比較した
図13)。
2) 部位別、転帰別
 (1)診断日が平成26年のがん患者を転帰別に表した(表9図14
 (2)診断日が平成21年~平成26年のがん患者を転帰別に表した(表10図15
  (3)診断日が平成20年以前のがん患者を転帰別に表した(表11図16)。
3) ステージ別転帰
 (1)平成26年に登録されたがん患者の内、新規にがん患者名簿に登録された患者をステージ別に下
記の方法で表した(表12図17)。
 a)生存:平成26年に当院を受診した患者は生存とした。
 b)死亡(癌死):平成26年までの間に死亡した場合を死亡とし、死亡診断書の直接死因、死因原因
欄にがんの診断が記載されていた場合を癌死とした。
  c)死亡(他疾患):平成26年までの間に死亡した場合を死亡とし、死亡診断書の直接死因、死因原
因欄にがんの診断が記載されていない場合を他疾患による死亡とした。
 d)死亡(他からの連絡):平成26年までの間に、他医療機関、その他関係施設や家族からの連絡及
び情報提供等が有った場合を他からの連絡による死亡とした。
 e)不明(90歳以上):平成26年の間に当院を受診せず、平成26年12月31日の基本日で90歳以上
の方を不明(90歳以上)とし、その後の更新を来院するまで点検しないようにした。
 f)不明(来院無し):平成26年までの間に、他院への転院等の理由もなく受診しなかった場合を不
明(来院無し)とした。
 g)不明(他院へ):平成26年までの間に、他院へ転院した場合、不明(他院へ)とした。
 h)不明(施設へ):平成26年までの間に、施設へ入所した場合、不明(施設へ)とした。
  (2)平成26年登録を含む全てのがん患者の実数も同様に統計処理を行った(表13図18)。
  (3)平成26年に登録されたがん患者の内、新規にがん患者名簿に登録された患者と全てのがん患者
の実数を転帰別に%で表した(図19)。
3) 部位別年齢分布
 (1)平成26年に登録されたがん患者の内、新規にがん患者名簿に登録された患者を部位別の年齢分
布で表した(表14図20)。年齢は、生存者の場合は平成26年12月31日を基本日とし、平成26年
までの間に死亡した患者の場合は死亡日を基本日とした。また、転帰不明の患者6名は生死が判別で
きないため、年齢を計算することができないので分析から除外した。
  (2)平成26年登録を含む全てのがん患者の実数も同様に統計処理を行った。転帰不明の患者、252
名は分析から除外した(表15図21)。
4) ステージ別生存年数
 (1)平成26年に登録されたがん患者の内、新規にがん患者名簿に登録された患者をステージ別に生
存年数を表した(表16図22)。転帰が不明の患者の場合、生存年数を不明とした。また、表16の
( )内には平成26年までの間に死亡した患者の実数を表した。生存年数は、がんと診断した年月
日から前述の基本日までの期間を生存年数とした。なお、診断日が紹介等で詳細が不明などの理由で
記載されていなかった場合は下記のように診断日を設定した。
 例1)診断日が平成26年の場合、平成26年1月1日とした。
  例2)診断日が平成26年3月の場合、平成26年3月1日とした。
 (2)平成26年登録を含む全てのがん患者の実数も同様に統計処理をおこなった(表17図23)。
 (3)平成26年に登録されたがん患者の内、新規にがん患者名簿に登録された患者と全がん登録患者
の生存年数を%で表した(図24
5) 部位別ステージ分類
 (1)平成26年に登録されたがん患者の内、新規にがん患者名簿に登録された患者を部位別ステージ
分類で表した(表18図25)。表18の( )内には平成26年までの間に死亡した患者の実数を表し
た。
 (2)平成26年登録を含む全てのがん患者の実数も同様に統計処理を行った(表19図26)。
6) 部位別初期治療
 (1)平成26年に登録されたがん患者の内、新規にがん患者名簿に登録された患者の初期治療につい
て部位別に表した(表20図27)。
 (2)平成26年登録を含むすべてのがん患者の実数も同様に統計処理を行った(表21図28
 (3)山形県で報告している初回治療の方法7)とを比較するために、診断日が平成23年のがん患者を
抽出し、部位別で比較した(図29)。尚、山形県の報告は、重複治療を含む為、合計が100%になら
ない8)と記載されている。

表5 H26年がん登録患者 部位別・性別統計(実数)

H26 合計   図8
図8
C34肺癌 41 19 60  
C15食道癌 6 1 7  
C16胃癌 44 16 60  
C18結腸癌 19 17 36  
C20直腸癌 10 3 13  
C22肝癌 3 1 4  
C23胆嚢癌 1 3 4  
C24胆管癌 4 1 5  
C25膵癌 6 1 7  
C50乳癌 1 27 28  
C61前立腺癌 29   29  
C67膀胱癌 17 3 20  
C68泌尿器系癌 6 5 11  
C57婦人科系癌   4 4  
その他の癌 4 3 7  
合計 191 104 295  


表6 全がん登録患者 部位別・性別統計(実数)

部位 合計    
図9

図9
C34肺癌 214  85  299  
C15食道癌  41  4  45  
C16胃癌  367  197  564  
C18結腸癌 161  162  323  
C20直腸癌  115  68  183  
C22肝癌  33  23  56  
C23胆嚢癌  10  19  29  
C24胆管癌  19  13  32  
C25膵癌  43  40  83  
C50乳癌  2  267  269  
C61前立腺癌 129    129  
C67膀胱癌  53  12  65  
C68泌尿器系癌  19  13  32  
C57婦人科系癌    21  21  
その他の癌  45  57  102  
合計  1251  981  2232  


表7 全生存がん登録患者 部位別・性別統計

部位 合計   図10


図10
C34肺癌 43 29 72  
C15食道癌 18 1 19  
C16胃癌 197 103 300  
C18結腸癌 86 84 170  
C20直腸癌 68 44 112  
C22肝癌 5 2 7  
C23胆嚢癌 1 4 5  
C24胆管癌 4 1 5  
C25膵癌 4 1 5  
C50乳癌 1 206 207  
C61前立腺癌 90   90  
C67膀胱癌 34 5 39  
C68泌尿器系癌 9 5 14  
C57婦人科系癌   7 7  
その他の癌 12 33 45  
合計 572 525 1097  

図11
図11

表8 H23年罹患がん患者 部位別・性別統計

部位 合計   図12

図12
C34肺癌 26 10 36  
C15食道癌 4   4  
C16胃癌 34 17 51  
C18結腸癌 20 9 29  
C20直腸癌 13 10 23  
C22肝癌 5 3 8  
C23胆嚢癌 3 4 7  
C24胆管癌 3 1 4  
C25膵癌 8 7 15  
C50乳癌   24 24  
C61前立腺癌 21   21  
C67膀胱癌 5 4 9  
C68泌尿器系癌   3 3  
C57婦人科系癌   2 2  
その他の癌 8 4 12  
合計 150 98 248  


図13
 
図13


表9 がん患者の転帰(診断日 平成26年)

診断日
H26年

登録者
生存者 死亡&
不明(90歳~)
  図14

図14             
C34肺癌 46  33  13  
C15食道癌  4  2  2  
C16胃癌  41  34  7  
C18結腸癌  23  18  5  
C20直腸癌  9  9    
C22肝癌  2    2  
胆道の癌  6  2  4  
C25膵癌 6  3  3  
C50乳癌  10  9  1  
C61前立腺癌  14  13  1  
C67膀胱癌  10  10    
C68泌尿器系癌  8  7  1  
その他の癌  5  4  1  
合計  184  144  40  


表10 がん患者の転帰(診断日 平成21年~26年)

 診断日
H21~26年
 全
登録者
生存者 死亡&
不明(90歳~)
 生存
不明者
 

図15             
C34肺癌 262 64  179  19  
C15食道癌  28  10  14  4  
C16胃癌  302  158  118  26  
C18結腸癌  179  84  70  25  
C20直腸癌  106  72  20  14  
C22肝癌 42  6  33  3  
胆道の癌  47  5  39  3  
C25膵癌  79  4  75    
C50乳癌  113  91 9  13  
C61前立腺癌  98  75  15  8  
C67膀胱癌  43  27  13  3  
C68泌尿器系癌  25  11  14    
その他の癌  79  23  50  6  
合計  1403  630  649  124  



表11 がん患者の転帰(診断日 平成20年以前)

診断日
H20年以前

登録者
生存者 死亡&
不明(90歳~)
生存
不明者
  図16

図16
C34肺癌 37 8 28 1  
C15食道癌 17 9 8    
C16胃癌 262 142 84 36  
C18結腸癌 144 86 44 14  
C20直腸癌 77 40 28 9  
C22肝癌 14 1 12 1  
胆道の癌 14 5 8 1  
C25膵癌 4 1 3    
C50乳癌 156 116 25 15  
C61前立腺癌 31 15 16    
C67膀胱癌 22 12 10    
C68泌尿器系癌 7 3 4    
その他の癌 44 29 13 2  
合計 829 467 283 79  

表12 H26年がん登録患者 ステージ別転帰(実数)

stage分類 生存 死亡 不明 合計
癌死 他疾患 他からの連絡 90歳以上 来院無し 他院へ
stage 0 14           1 15
stage Ⅰ 94 5       1 2 102
stage Ⅱ 44 2 2   1     49
stage Ⅲ 30 13 1 1       45
stage Ⅳ 26 43   1       70
不明 9 3 1       1 14
合計 217 66 4 2 1 1 4 295

図17
図17

表13 全がん登録患者 ステージ別転帰(実数)

stage分類 生存 死亡 不明 合計
癌死 他疾患 他からの連絡 90歳以上 来院無し 他院へ 施設へ
stage 0 54   4   1 12 7 2 80
stage Ⅰ 524 58 52 2 14 36 49 2 737
stage Ⅱ 261 60 21 2 18 17 23 1 403
stage Ⅲ 173 161 18 4 8 7 23 1 395
stage Ⅳ 59 434 5 4 5 5 10 1 523
不明 26 54 4   3 1 6   94
合計 1097 767 104 12 49 78 118 7 2232


図18
図18

図19
図19


表14 H26年がん登録患者 部位別・年齢別統計(実数)

部位 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90以上 合計
C34肺癌     3 9 25 22 1 60
C15食道癌     1 1 3 2   7
C16胃癌   3 4 19 18 11 4 59
C18結腸癌   2 3 6 12 8 4 35
C20直腸癌     1 4 5 2 1 13
C22肝癌     2 1 1     4
C23胆嚢癌           2 2  4
C24胆管癌        2  2  1    5
C25膵癌        3  1  3    7
C50乳癌    3  5  6  7  3  1  25
C61前立腺癌      1  5  10  11  2  29
C67膀胱癌    1    4  5  8  2  20
C68泌尿器系癌  1    2  1  2  4  1  11
C57婦人科系癌      1  2  1      4
その他の癌      1  2  1  1  1  6
合計  1  9  24  65  93  78  19  289

図20
図20

表15 全がん登録患者 部位別・年齢別統計(実数)

部位 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代 90以上 合計
C34肺癌 1   2 10 49 84 112 19 277
C15食道癌       3 9 12 15 2 41
C16胃癌     6 30 85 148 174 42 485
C18結腸癌     6 14 32 86 94 38 270
C20直腸癌     1 13 31 51 50 11 157
C22肝癌     1 6 9 20 14 1 51
C23胆嚢癌       2 1 3 17 4 27
C24胆管癌       1 3 9 10 6 29
C25膵癌     1 8 19 27 24 4 83
C50乳癌   1 17 47 58 53 51 6 233
C61前立腺癌       1 20 49 41 9 120
C67膀胱癌     1 3 10 19 21 8 62
C68泌尿器系癌   1 1 2 3 8 13 3 31
C57婦人科系癌     5 3 2 4 2 3 19
その他の癌   1 1 11 21 21 34 6 95
合計 1 3 42 154 352 594 672 162 1980

図21
図21

表16 H26年がん登録患者 ステージ別生存年数(実数)

生存年数 stae 0 stage Ⅰ stage Ⅱ stage Ⅲ stage Ⅳ 不明 合計
1年未満 9 66(2) 29(2) 34(13) 53(32) 5(3) 196(52)
1~3年未満 3  16(1) 6  4 10(6)  4 43(7)
3~5年未満    2  1 3(1) 5(4)   11(5)
5~10年未満   12(2)  5(1)  3 2(2)  1 23(5)
10年以上  2 3 7(1) 1(1)   3(1)  16(3)
不明 1 3  1     1  6
合計 15 102(5)  49(4)  45(15) 70(44)  14(4)  294(72)
               ( )内死亡患者数

図22
                                          図22


表17 全がん登録患者 ステージ別生存年数(実数)

生存年数 stage 0 stage Ⅰ stage Ⅱ stage Ⅲ stage Ⅳ 不明 合計
1年未満 10(1) 84(20) 53(26) 118(97) 334(313) 40(38) 639(495)
1~3年未満 11 139(29) 84(16) 93(48) 101(83) 18(10) 446(186)
3~5年未満 9(1) 94(15) 44(10) 31(12) 34(28) 10(6) 222(72)
5~10年未満 10(1) 123(16) 66(15) 58(16) 23(16) 5(1) 285(65)
10年以上 18(1) 197(32) 97(16) 57(10) 10(3) 11(3) 390(65)
不明 22 100 59 38 21 10 250
合計 80(4) 737(112) 403(83) 395(183) 523(443) 94(58) 2232(883)
                                     ( )内死亡患者数

図23

                                              図23

図24

                                                 図24

表18 H26年がん登録患者 部位別、ステージ分類(実数)

部位 stage 0 stage Ⅰ stage Ⅱ stage Ⅲ stage Ⅳ 不明 合計
C34肺癌   24(1) 5 12(5) 17(13) 2(1) 60(20)
C15食道癌   3   3(2) 1   7(2)
C16胃癌   33(2) 5(2) 7(2) 11(6) 4(2) 60(14)
C18結腸癌 5 9(1) 6 12(5) 4(1)   36(7)
C20直腸癌 2 5 2 4     13
C22肝癌     1   2(2) 1(1) 4(3)
C23胆嚢癌         4(4)    4(4)
C24胆管癌    1 2   2(2)   5(2)
C25膵癌      1   6(4)    7(4)
C50乳癌  2 12 7(1) 1 4(2)  2  28(3)
C61前立腺癌    2 16(1)  4(1) 6(3) 1 29(5)
C67膀胱癌 6  7 3    3(3) 1 20(3)
C68泌尿器系癌    5(1)    1 5(2)   11(3)
C57婦人科系癌    1    1   2 4
その他の癌      1   5(2)  1 7(2)
合計 15 102(5) 49(4) 45(15) 70(44) 14(4) 295(72)

図25

                                                    図25

表19 全がん登録患者 部位別、ステージ別分類(実数)

部位 stage 0 stage Ⅰ stage Ⅱ stage Ⅲ stage Ⅳ 不明 合計
C34肺癌   73(26) 18(10) 107(79) 97(87) 4(3) 299(205)
C15食道癌 2 12(2) 6(2) 12(7) 13(11)   45(22)
C16胃癌 13(1) 310(46) 54(13) 68(32) 101(84) 18(9) 564(185)
C18結腸癌 23(1) 76(9) 77(13) 84(27) 58(45) 5(5) 323(100)
C20直腸癌 17(1) 39(2) 42(7) 56(14) 23(17) 6(4) 183(45)
C22肝癌   7(3) 10(8) 9(6) 26(23) 4(4) 56(44)
C23胆嚢癌   6(3) 3(2) 2 17(16) 1(1) 29(22)
C24胆管癌   4(1) 8(4) 3(2) 16(16) 1(1) 32(24)
C25膵癌     7(5) 4(3) 69(67) 3(3) 83(78)
C50乳癌 12 117(5) 98(10) 22(3) 13(7) 7(1) 269(26)
C61前立腺癌   33(3) 59(6) 8(2) 27(19) 2 129(30)
C67膀胱癌 12(1) 31(10) 7 3(2) 11(10) 1 65(23)
C68泌尿器系癌   10(2) 3(2) 3(1) 12(8) 4(4) 32(17)
C57婦人科系癌 1 2 1 2(1) 7(7) 8(4) 21(12)
その他の癌   17 10(1) 12(4) 33(26) 30(19) 102(50)
合計 80(4) 737(112) 403(83) 395(183) 523(443) 94(58) 2232(883)


図26
図26

表20 H26年がん登録患者 部位別、初期治療

部位 1: 2: 3: 4: 5: 6: 7: 8: 合計
C34肺癌  1      17  17  1  22  2  60
C15食道癌        1    1  5    7
C16胃癌  20  4  10  2  11  2  6  5  60
C18結腸癌  10  9  8    6  2  1    36
C20直腸癌  7  2  3          1  13
C22肝癌          3      1  4
C23胆嚢癌          3  1      4
C24胆管癌  2      1  2        5
C25膵癌  1      2  3    1    7
C50乳癌  15      5  1    7    28
C61前立腺癌  12      13  2    1  1  29
C67膀胱癌  15        3      2  20
C68泌尿器系癌  4  3    1  2  1      11
C57婦人科系癌              3  1  4
その他の癌  2      1  2    2    7
合計  89  18  21  43  55  8  49  12  295

1:手術、2:体腔鏡的手術、3:内視鏡的手術、4:化学療法・内分泌療法、5:緩和ケア、
6:姑息・対症療法、7:他院へ紹介、8:その他

図27
図27

表21 全がん登録患者 部位別、初期治療

部位 1: 2: 3: 4: 5: 6: 7: 8: 合計
C34肺癌 12 1   90 92 33 64 7 299
C15食道癌 10 1 1 3 8 6 14 2 45
C16胃癌 302 44 80 17 58 38 14 11 564
C18結腸癌 223 20 28 7 18 20 3 4 323
C20直腸癌 131 6 21 2 8 9 4 2 183
C22肝癌 5     1 15 22 1 12 56
C23胆嚢癌 9 1   2 11 3 2 1 29
C24胆管癌 7     1 13 9 2   32
C25膵癌 4     20 32 21 4 2 83
C50乳癌
229
   
15
4
2
19
 
269
C61前立腺癌
50
   
57
7
2
12
1
129
C67膀胱癌
55
   
1
6
1
 
2
65
C68泌尿器系癌
17
3
 
1
5
5
 
1
32
C57婦人科系癌
1
     
8
4
7
1
21
その他の癌
39
2
 
3
27
14
15
2
102
合計
1094
78
130
220
312
189
161
48
2232

1:手術、2:体腔鏡的手術、3:内視鏡的手術、4:化学療法・内分泌療法、5:緩和ケア、
6:姑息・対症療法、7:他院へ紹介、8:その他

図28

                                                                       図28

図29

                                                                 図29

目次に戻る


c.当院の主要がん(胃、大腸、乳腺、肺、前立腺)登録患者統計(院内がん登録データベースより)
1) 胃癌
 (1)胃癌登録患者について、がん確定診断の契機となった検査または治療を診断年毎に表した(表22)。尚、死亡時等の登録で死亡月日のみ追加して内容が同一の登録47件は、この統計から省いた。
 (2)胃癌登録患者のうち根治術およびESD・EMR施行患者で詳細データ入力済みの257例について占拠部位別にアプローチを表した(表23)。 
 (3)胃癌登録患者のうち根治術およびESD・EMR施行患者で詳細データ入力済みの257例について占拠部位別に手術術式を表した(表24)。
 (4)胃癌登録患者のうち根治術およびESD・EMR施行患者で詳細データ入力済みの257例について占拠部位別に組織型を表した(表25)。
 (5)平成20~26年に胃癌の根治術を施行した患者の累積生存率を表した(図30a,30b
2) 大腸癌
 (1)大腸癌登録患者について、がん確定診断の契機となった検査または治療を診断年毎に表した(表26)。尚、死亡時等の登録で死亡月日のみ追加して内容が同一の登録58件は、この統計から省いた。
 (2)大腸癌登録患者のうち根治術およびESD・EMR及びポリープ切除術施行患者で詳細データ入力済みの301例について占拠部位別のアプローチを表した(表27)。
 (3)大腸癌登録患者のうち根治術およびESD・EMRおよびポリープ切除術施行患者で詳細データ入力済みの301例について占拠部位別に手術術式を表した(表28
 (4)大腸癌登録患者のうち根治術およびESD・EMRおよびポリープ切除術施行患者で詳細データ入力済みの301例について占拠部位別に組織型を表した(表29)。
 (5)平成20~26年に大腸癌の根治術を施行した患者の累積生存率を表した(図31a,31b)。
3) 乳癌
  (1)乳癌登録患者について、がん確定診断の契機となった検査または治療を診断年毎に表した(表30)。尚、死亡時等の登録で死亡月日のみ追加して内容が同一の登録6件は、この統計から省いた。
  (2)乳癌登録患者のうち、根治術を施行した患者の詳細データ入力済み117例について、主たる腫瘤占拠部位を表した(表31)。
 (3)乳癌登録患者のうち、根治術を施行した患者の詳細データ入力済み117例について、手術術式を表した(図32)。
 (4)乳癌登録患者のうち、根治術を施行した患者の詳細データ入力済み117例について、組織型を表した(表32)。
 (5)平成20~26年に乳癌の根治術を施行した患者の累積生存率を表した(図33a,図33b
4) 肺癌
 (1)肺癌登録患者について、がん確定診断の契機となった検査または治療を診断年毎に表した(表33)。尚、死亡時等の登録で死亡月日のみ追加して内容が同一の登録120件は、この統計から省いた。
5) 前立腺癌
 (1)前立腺癌登録患者について、がん確定診断の契機となった検査または治療を診断年毎に表した(表34)。尚、死亡時等の登録で死亡月日のみ追加して内容が同一の登録13件は、この統計から省いた。

表22 胃癌 治療・検査診断

診断年 根治術 根治術以外 ESD・EMR 生検 組織診以外 他院診断で不明 合計
H20以前 240 3 28 17 2 1 291
H21 22   10 18 1 1 52
H22 23 1 8 19 2   53
H23 22 4 10 23 2   61
H24 34 1 11 26     72
H25 17 1 20 22 6   66
H26 20   10 20 1   51
合計 378 10 97 145 14 2 646

表23 胃癌 アプローチ
  A:開腹 E:内視鏡 L:腹腔鏡・腹腔鏡補助 合計
U上部 45 8 2 55
M中部 70 22 9 101
L下部 44 43 13 100
G食道胃接合部 1     1
合計 160 73 24 257

表24 胃癌 手術術式

  DG: TG: PG: PP: LE: SR: MR: OT: 合計
U上部 2 28 15   2   8   55
M中部 41 23 3 6 4 1 22 1 101
L:下部 49 5   2 1   43   100
G:食道胃接合部   1             1
合計 92 57 18 8 7 1 73 1 257

DG:幽門側胃切除、TG:胃全摘、PG:噴門側胃切除、PP:幽門保存胃切除
LE:胃局所切除、SR:胃文節切除、MR:EMR・ESD、OT:その他

表25 胃癌 組織型

  pap: tub1: tub2: sol: non: sig: muc: GIST: CND: MIS: 不明 合計
U上部 1 17 15 9 7 1   2 1 1 1(腺癌) 55
M中部 4 34 29 13 10 5 2 2 1   1(腺癌) 101
L下部 4 54 23 9 6 1 2 1       100
G食道胃接合部   1                    1
合計 9 106 67 31 23 7 4 5 2 1 2 257

pap:乳頭腺癌、tub1:高分化型管状腺癌、tub2:中分化型管状腺癌、sol:充実型低分化腺癌
non:非充実型低分化腺癌、sig:印鑑細胞癌、muc:粘液癌、GIST:胃腸管間質性腫瘍、
CND:カルチノイド、mis:その他の癌

図30A 図30B
図30a 図30b

表26 大腸癌 治療・検査診断
診断年 根治術 根治術以外 ESD・EMR 生検 組織診以外 他院診断で不明 合計
H20以前 219 3 13 4 3 2 244
H21 50 1 4 7 6   68
H22 35 6   3 4   48
H23 29 2 16 9 7   63
H24 36   12 13 2   63
H25 36 3 13 5 3   60
H26 21   5 7 1   34
合計 426 15 63 48 26 2 580

表27 大腸癌 アプローチ
  開腹 腹腔鏡補助下 経肛門的 内視鏡 合計
A:上行結腸 40 2   4 46
T:横行結腸 31 4   3  38
D:下行結腸 7 3   3 13
S:S状結腸  48  5    21  74
C:盲腸  19  2      21
V:虫垂  1        1
Rs:直腸S状部  23  4    6  33
Ra:上部直腸  23  1  1  7  32
Rb:下部直腸  27  1  5  9  42
P:肛門管  1        1
合計  220  22  6  53  301


表28 大腸癌 手術術式
  RH LH S PC HA LA H A I E T&L 合計
A:上行結腸 36     1         5 4   46
T:横行結腸 10 2   23           2 1 38
D:下行結腸   3 1 5 1         2 1 13
S:S状結腸     29 1 14 4 3 1   19 3 74
C:盲腸 11               10     21
V:虫垂 1                     1
Rs:直腸S状部         17 10       6   33
Ra:上部直腸         2 21 1     6 2 32
Rb:下部直腸           9   19   7 7 42
P:肛門管               1       1
合計 58 5 30 30 34 44 4 21 15 46 14 301


RH:結腸右半切除、LH:結腸左半切除、S:S状結腸切除、PC:結腸部分切除、
HA:高位前方切除術、LA:低位前方切除、H:Hartmann手術、A:腹会陰式直腸切断術、
I:回盲切除、E:EMR・ESD・ポリープ切除、T&L:腫瘍切除&局所切除

表29 大腸癌 組織型

  pap: tub1: tub2: sol: non: sig: muc: scc: CND: MIS: 不明 合計
A:上行結腸 8 13 19 2 1   3         46
T:横行結腸 4 10 22 2               38
D:下行結腸   4 9                 13
S:S状結腸 7 22 43       1       1(腺癌) 74
C:盲腸 1 6 9 3 1 1           21
V:虫垂     1                 1
Rs:直腸S状部 5 8 19       1         33
Ra:上部直腸 2 7 21       1   1     32
Rb:下部直腸 1 7 31           2 1   42
P:肛門管               1        1
合計 28 77 174 7 2 1 6 1 3 1 1 301

pap:乳頭腺癌、tub1:高分化型管状腺癌、tub2:中分化型管状腺癌、sol:充実型低分化腺癌、
non:非充実型低分化腺癌、muc:粘液癌、
scc:扁平状悲願、CND:カルチノイド腫瘍、MIS:その他の癌

図31a

図31a
図31b

図31b

表30 乳癌 治療・検査診断
診断年 根治術 根治術以外 生検 組織診以外 合計   図32
図32
H20以前 159 2 5   166  
H21 12   3   15  
H22 21   2   23  
H23 22   5   27  
H24 14 1 7   22  
H25 15   12 1 28  
H26 8   5 1 14  
合計 251 3 39 2 295  

表31 乳癌 腫瘍腫瘤占拠部位  

  左側 右側 両側 合計
A:内上部 21 16   37
B:内下部 2 5   7
C:外上部 20 27 1 48
D:外下部 6 7   13
C':腋窩部 1 2   3
E:乳輪部 3 4 1 8
E':乳頭部   1   1
合計 53 62 2 117


表32 乳癌 組織型

  1-a 1-b 2-a2 2-a3 2-b 1 2-b3 2-b 6 2-b11 3.Page's 合計
A:内上部 4 6 8 13 2 3 1     37
B:内下部 2   3 2           7
C:外上部 5 6 14 12 3 6   2   48
C:外下部 1 3 4 3 1 1       13
C':腋窩部     2     1       3
E:乳輪部 1 2 3 2           8
E':乳頭部                 1 1
合計 13 17 34 32 6 11 1 2 1 117

1-a:Noninvasive ductal carcinoma, 1-b:Lobular carcinoma in situ
2-a2:Solid-tubular carcinoma, 2-a3:Scirrhous carcinoa, 2-b1:Mucinous carcinoma
2-b3:Invasive lobular carcinoma, 2-b6:Spindle cell carcinoma, 2-b11:その他の浸潤癌
3.Paget病    


図33a 図33b
図33a 図33b


表33 肺癌 治療・検査診断

新断年 根治術 根治術以外 生検のみ 組織診以外 他院診断で不明 合計
H20以前 6   26 9 1 42
H21 5   22 19   46
H22     39 8   47
H23 1 1 31 5   38
H24 2   44 12   58
H25     46 3   49
H26     41 7   48
合計 14 1 249 63 1 328


表34 前立腺癌 治療・検査診断

診断年 根治術 根治術外 生検のみ 組織診以外 合計
H20以前 18 1 14 1 34
H21 3 1 4   8
H22 5   4 2 11
H23 5   15 1 21
H24 9   20 1 30
H25 6   13   19
H26 4   11 1 16
合計 50 2 81 6 139
d.術後再発、転移、重複癌等に関する統計
1)胃癌登録患者で外科的根治術または内視鏡によるEMR・ESD施行患者の初発診断日から、術後再発、転移または別部位に新たにがんを確認した期間を表した(表35)。
 2)大腸癌登録患者で外科的根治術または内視鏡によるEMR・ESD・ポリープ切除術施行患者の初発診断日から、術後再発、転移または別部位に新たにがんを確認した期間を表した(表36)。
 3)乳癌登録患者で外科的根治術施行患者の初発診断日から、術後再発、転移または別部位に新たにがんを確認した期間を表した(表37)。
 (4)前立腺癌登録患者で外科的根治術施行患者の初発診断日から、術後再発、転移または別部位に新たにがんを確認した期間を表した(表38)。
  (5)当院で登録された胃癌、大腸癌、乳癌、前立腺癌登録患者をステージ別に分類し、術後再発、転移または別部位に新たにがんを確認した期間を%で表した(図34)。

表35 胃癌 術後再発、転移、重複癌等発見までの期間

  1年未満 1~3年未満 3~5年未満 5~10年未満 10年以上 合計
stage 0 6(1)     2 2 12(1)
stage Ⅰ 250(25) 2(1)  10(2)  3(2)  10(3) 12(6)  287(39)
stage Ⅱ 39(5)    4(3) 2 2(2)  1  48(10)
stage Ⅲ  42(13)  3(3)  5(3)    1 3(2)  54(21)
stage Ⅳ  17(10) 2 4(2)    1(1)   24(13)
不明  2           2
合計  356(54) 7(4)  25(10)  5(2) 16(6)  18(8)  427(84)

表36 大腸癌 術後再発、転移、重複癌等発見までの期間

  1年未満 1~3年未満 3~5年未満 5~10年未満 10年以上 合計
stage 0 35(2)   3

1 1   40(2)
stage Ⅰ 95(6) 2 5 3(1) 2 4(2) 111(9)
stage Ⅱ 90(8) 4(1) 13(6) 3(2) 2 1(1) 113(18)
stage Ⅲ 78(10) 14(7) 14(5) 7(4) 6(2) 4 123(28)
stage Ⅳ 32(18) 2 8(7)       42(25)
不明     1(1)       1(1)
合計 330(44) 22(8) 44(19) 14(7) 11(2) 9(3) 430(83)

表37 乳癌 術後再発、転移、重複癌等発見までの期間

  1年未満 1~3年未満 3~5年未満 5~10年未満 10年以上 合計
stage 0 10         1 11
stage Ⅰ 93(3) 1 2 2 5(1) 5(1) 108(5)
stage Ⅱ 68(4)   4(1) 4(2) 5(1) 5 86(8)
stage Ⅲ 14 1   1(1) 1 1(1) 18(2)
stage Ⅳ 1(1) 1     2(1)   4(2)
不明 1 1(1)         2(1)
合計 187(8) 4(1) 6(1) 7(3) 13(3) 12(2) 229(18)


表38 前立腺癌 術後再発、転移、重複癌等発見までの期間

  1~3年未満 3~5年未満 5~10年未満 10年以上 合計
stage Ⅰ 11(1) 1 1 1   14(1)
stage Ⅱ 24(2) 2   2(1)   28(3)
stage Ⅲ 3       1(1) 4(1)
stage Ⅳ 1       1(1) 2(1)
合計 39(3) 3 1 3(1) 2(2) 48(6)

図34
図34


目次に戻る

4.結果
 院内がん登録統計a.がん登録患者数(延べ数):1)部位別での平成26年と平成26年を含む全がん登録患者の比較では、胃癌;全がん登録患者24%に対して平成26年では、20%、結腸癌・直腸癌;全がん登録患者15%・8%に対して平成26年では12%・4%と胃癌、大腸癌共々若干減っていた。ところが、前立腺癌;全がん登録者5%に対して平成26年では10%、膀胱癌;全がん登録者3%に対して平成26年では8%と泌尿器系のがんが大幅に増加した。また、肺癌が若干増加はしているもののその他のがんには大きな変化はなかった(図2)。2)性別での統計では、平成20年以前登録及び平成21年登録では男性より女性の比が若干多かったのに比べ、平成22年登録から徐々に女性の比率が下がり、平成24年~26年にかけての統計では男性に比べて女性の比率が男性の約2分の1という結果になった(表2図3)。3)発見経緯別の統計では、全がん登録患者の他疾患の経過観察中での発見では約31%対して平成26年では35%と若干上昇し、自覚症状では、全がん登録患者では45%に対して平成26年では40%と若干減ってはいるが大きな変動はなかった(図5)。しかし、平成23年の部位別発見経緯での山形県との比較で、当院のがん検診の比率が非常に低いのが目立った。胃癌では、山形県でのがん検診19.3%に対して当院では5%、肺癌では山形県15.5%に対して当院では3%、前立腺癌では、山形県25.2%に対して当院では0%との結果になっていた(図6)。4)部位別患者年齢分布では、60代から80代にかけてのがん登録患者が併せて2,250件と全体の約79%を占めていた(表4)。
 b.がん登録患者実数統計:1)部位別、性別統計では、男性の肺癌(全登録17%、H26登録22%)、前立腺癌(全登録10%、H26登録15%)、膀胱癌(全登録4%、H26登録9%)が全がん登録の比率よりも平成26年登録の方が増加していた。しかし消化器系の癌は殆どが減少していた。この傾向は、女性においても同様で消化器系の癌が若干ではあるが減少していた。また、男性と同じく肺癌が全登録では9%であったのに対し、平成26年登録では18%と2倍に増加していた。全生存がん患者のグラフと全がん登録、平成26年登録を比較してみると男性では胃癌の比率が全登録29%、平成26年登録が23%に対して全生存がん患者のグラフでは34%と高い比率を示していた。また女性では乳癌が全登録27%、平成26年登録が26%であったのに対し、全生存がん患者では39%と非常に高い比率を示していた(図11)。また、山形県との比較では、男性の結腸癌及び直腸癌が山形県ではそれぞれ8.3%、5.7%に対し、当院ではそれぞれ14%、9%と高い比率を示していた。また、女性では、結腸癌が山形県では12%に対し、当院では9%と若干低かったが、直腸癌では山形県が4.4%に対し当院では10%と倍の比率であった。また、乳癌では山形県では16.3%であったが、当院では25%と高い比率を示していた(図13)。2)部位別の転帰では平成26年の肺癌では、生存者33名に対し、全登録者の28.2%にあたる13名が死亡及び90歳以上の生死不明患者(以下、年齢調整死亡患者)であった。胃癌では34名が生存しており、17.1%、7名が死亡又は年齢調整死亡患者であった(表9図14)。また、院内がん登録を開始した平成21年から26年にかけての統計では、肺癌が64名の生存者で全登録者の約68.3%、179名の方が死亡又は年齢調整死亡患者であった。胃癌では生存者が158名、死亡又は年齢調整死亡患者39%、118名、結腸癌では生存者が84名、死亡又は年齢調整死亡患者は39%、70名であった(表10図15)。平成20年以下の登録については、登録を開始した平成21年以降に生存していた患者をさかのぼってデータを登録したが、肺癌では75.7%の28名が死亡又は年齢調整死亡患者であった(表11,図16)。3)ステージ別転帰では平成26年登録と全がん登録では当然のことながら全がん登録のほうが死亡の確率は高くなり(図19)、ステージが高くなるほど増加していった(表12表13, 図17図18)。4)部位別年齢分布では、ほとんどの部位で60歳代から80歳代のがん患者が、平成26年登録では236名と全体の81.7%を占め、全がん登録患者でも1618名で全体の81.7%を占めていた(表14表15)。5)ステージ別生存年数では、ステージⅣの割合が平成26年では、70名で全体の23.7%を占めていて、62.9%、44名がなくなっていた(表16)。全がん登録患者では、ステージⅣの患者の登録が523名で23.4%と平成26年登録とあまり変化はなかったがその84.7%、443名が死亡していた(表17)。6)部位別ステージ分類では、平成26年登録の場合、生存年数が高くなるステージⅡ以下の患者が全体で166名に対して生存年数が低くなるステージⅢ、Ⅳの患者が115名で全体の約40%と後者の数値が高かった。胃癌ではステージⅡ以下が38名で63.3%、ステージⅢ、Ⅳが18名で30%、乳癌は前者が21名で72.4%、後者が5名で17.9%、と前者の方が多かったが、胆道の癌(肝胆膵)では前者が5名で25%と低く、後者が14名で70%であった(表18)。全がん登録患者では、胃癌で前者が66.8%、後者が30%、乳癌が前者は84.4%、後者が15.6%で前者の方が高かったが。肺癌では、前者が30.4%、後者が68.2%、胆道の癌では前者が22.5%、後者が73%と後者の数値が高かった(表19)。7)部位別初期治療では、平成26年登録の場合、根治的な切除術が128名、全体の43.4%であったのに対し、全がん登録患者では1,302名で全体の58.3%であった。化学療法・内分泌療法は前者が43名、14.6%であったのに対し後者は220名、9.9%であった。また、緩和ケアと姑息・対症療法は前者が63名、21.4%に対し、後者は501名、22.4%と殆ど変化がなかった(表20表21)。山形県での比較では、根治的な切除術が高いのは乳腺と前立腺で、結腸癌がほぼ同じ比率だった。その他はすべて山形県の方が高かった(図29)。
 当院の主要がん登録統計:1)胃癌では、平成26年に胃癌と診断された件数が51件となっていて前年より15件ほど減少していた(表22)。しかし、主要がんからみたがん登録の統計では、統計が診断した年で集計されているため、たとえば、平成26年診断の場合、一部が平成27年に登録をすることにより、前年より若干少なくなってしまう。そのため全体的に平成26年診断の場合すべてにおいて少なくなっている。当院では、平成21年以降の外科的根治術及びEMR・ESDの手術(一部平成20年以前を含む)に関して詳細データを入力しているが、その詳細データが入力されている257例を分析してみると、占拠部位別では胃中部101件、胃下部が100件で併せて78.2%を示していた(表23)。また、アプローチを見てみると胃上部と胃中部では開腹手術と腹腔鏡補助下の外科的手術が前者では47件、85.5%、後者では79件、78.2%と多かったが、胃下部では開腹手術と内視鏡下での手術がほぼ同数であった(表23)。また、手術術式では幽門側胃切除が92件と最も多く、次いでEMR・ESDの73件であった(表24)。組織型では、高分化型管状腺癌が106件と最も多く、次いで中分化型管状腺癌が67件であった(表25)。2)大腸癌では、平成26年に大腸癌と診断された件数が34件と大幅に減少した(表26)。大腸癌も胃癌と同様に詳細部位を入力しているが、その入力されている詳細データ301件を分析してみると、占拠部位別ではS状結腸癌が74件と最も多く、次いで上行結腸46件、下部直腸42件となっていた(表27)。手術術式では、結腸右半切除術が最も多く58件、ついでEMR等の46件、低位前方切除術の44件と成っていた(表28)。組織型では、胃癌とは逆に中分化型管状腺癌が最も多く174件で57.8%を占めていた(表29)。3)乳癌の平成26年の診断は14件と半減していた(表30)。乳癌も胃癌、大腸癌同様詳細データを入力している。その詳細データ入力済みの117件から、占拠部位で分析してみると、左右共々内上部、外上部と上部の腫瘍が多く、左側で内上部21件、外上部20件の併せて41件で左側全体の77.3%を占め、右側では、内上部16件、外上部27件の併せて43件で右側全体の69.4%を占めていた(表31)。手術ではBp Axの術式が最も多く37%を占めていた(図32)。組織型では、Solid-tubular carcinoma(充実腺管癌)が最も多く34件(29.1%)、Scirrhous carcinoma(硬癌)が32件(27.4%)となり、浸潤性乳管癌の割合が併せて56.4%となった(表32)。その他、当院でのがんの診断が多い、肺癌や前立腺癌も併せて診断年毎に表で表した(表33表34)。当院では肺癌の外科的手術は、非常勤医師が施行するため根治術は表33で示すとおり、全体でも14件と少なく、手術適応患者はほとんど他院へ紹介となっている。手術、放射線治療は他院へ、化学療法、緩和ケア等は当院でと、他医療機関との連携を強化しながら治療をおこなっている。また、前立腺癌については、表34に示すとおり、外科的根治術は50件で全体の36%を示していた。その他、内分泌療法、化学療法、緩和ケア等を施行している。
 d.術後再発、転移、重複癌等に関する統計:胃癌、大腸癌、乳癌、前立腺を取り上げ分析した。その結果胃癌、大腸癌では1~3年未満に発症することが多かった。


目次に戻る

5.まとめ
  今回の統計で表5で示した平成26年のがん登録患者の男女別の統計では男性が191人、女性が104人と去年の報告と同じく9)女性は男性の54.5%という結果になった。これは、山形県で調査した報告でも、男女比の割合が平成23年で男性5,153件、女性3,673件で女性は男性の71.3%という報告がなされている6)。当院だけではなく山形県全体でも女性のがんの罹患率が男性に比べて低くなっていた。なお、当院は山形県よりさらに低い罹患率を示している。これは、去年の報告9)でも述べたように婦人科疾患を診療する常勤医師がいないということが最大の要因である。また、発見経緯別の山形県との比較では。比較したすべてのがんにおいて、「他疾患の経過観察中」が当院は山形県より上回っており、反対に「がん検診」の比率が下回っていた。当院の場合、人間ドックを併設しているため肺癌を除いては「健診・人間ドック」の割合は山形県より上回ってはいたが、「がん検診」と「健診・人間ドック」の両方あわせた場合すべてにおいて下回っていた(図6)。山形県の報告で届出票の集計結果から、がん診療連携拠点病院である6病院の合計が全体の6,068件で届出票の合計10,343件の58.7%を占めていた10)。一方、その他の病院を除いた医療機関の届出票は186件で1.8%にしか満たず、これはおそらく診療所などの医療機関のがん検診、健診・人間ドック等の患者の多くががん診療連携拠点病院への紹介になり、そこからの届出となったためではないかと思われる。
  がん登録患者の実数統計の中の図11で示したグラフを見ると男女共、肺癌の比率が平成26年登録及び全癌登録よりも全生存肺癌患者で極端に下がっている。また、図14図15図16をみても、肺癌患者の生存者は極端に低くなっている。これは、肺癌を診断する呼吸器内科の常勤医師はいるが呼吸器外科の常勤医師が在籍してはおらず生存率があがる手術対象のがん患者の殆どを他医療機関に紹介し、末期がん患者や化学療法を施行される患者のみが当院で治療することになるためではないかと思われる。これに対して、女性の乳癌患者では生存している患者の率が上がっている。これは、近年の女性の乳癌検診に対する関心が高く、図6で示すように山形県でも当院でも「がん検診」「健診・人間ドック」等の実施率が他の癌に比べると非常に高く、これにより早期発見の率が上がった結果ではないかと思われる。部位別、ステージ分類ではステージⅢ、Ⅳの患者が平成26年登録の115名で約40%(表18)、全がん登録患者で918名の41.1%を示している(表19)。これは、当院の特徴である緩和ケア病棟の存在と三友堂病院地域緩和ケアサポートセンターが行っている活動11)により紹介される終末期がん患者の増加等によるものと思われる。部位別の初期治療では、図29で示す通り山形県との比較では乳癌における切除による治療が当院では高く、肺癌での切除による治療が極端に低い結果となっていた。但し、グラフに記載されている山形県の数値は複数治療の数値が含まれているため8)、数値の合計が100%以上となるケースがほとんどで特に乳腺の場合は複数治療が多かったと思われる。肺癌での切除による治療が少ないのは、前述の通り、呼吸器外科の常勤医師がいないためである。
 主要がんの統計では、胃癌では胃中部、胃下部での発症が201件で78.2%(表23)、大腸癌ではS状結腸癌での発症が74件で24.6%で最も多かった。乳癌では左側53例、右側62例で若干右側の方が多かった。また、占拠部位では左右共々内上部、外上部が多く自己検診を行う場合の参考とし、より綿密に検診を行う目安になるのではないだろうか。組織分類では、胃癌、大腸癌ともども管状腺癌が多く、胃癌では高分化管状腺癌、大腸癌では中分化管状腺癌が最も多かった。乳癌では浸潤性乳管癌の充実腺管癌と硬癌が多く56.4%を占めた。累積生存率では、がん死で見た場合、胃癌での5年生存率ではステージ別でⅠ:94.46%、Ⅱ76.77%、Ⅲで67.52%となった(図30b)。大腸癌ではⅠが100%、Ⅱで95.83%、Ⅲで72.17%(図31b)で大腸癌研究会が行った全国登録2000~2004年症例での報告を見てみると大腸癌全部位でのステージⅠで91.6%、Ⅱで84.8%、Ⅲaで77.7%、Ⅲbで60%となっており12)、それと比較した場合、当院のⅠⅡの生存率は非常に高いといえる。また当院の乳癌ではステージⅠで100%、Ⅱで94.12%、Ⅲで100%となっていた(図33b)。しかしⅣになると、胃癌ではⅣで15.6%、大腸癌で12.9%、乳癌ではステージⅣの患者は2人しかおらず一人は死亡、一人はまだ数ヶ月の観察期間となっており、5年生存率は0%となった(図30b図31b図33b)。また、術後の再発、転移、重複癌等の発見までの期間をみても、ステージが高くなればなるほど再発、転移等の発症する率が高くなる(表35表36表37表38)。また、ステージⅣでは、原発切除やリンパ節郭清を行う場合もあるが、すでに転移が高度である場合が多くそのまま死亡するケースが多い。今後、がんにおける早期発見の重要性について地域住民に対して啓発を図っていく必要性を感じる。


目次に戻る

6.さいごに
 当院は院内がん登録を、平成23年11月に認定された「日本がん治療認定医機構 認定研修施設」の所定条件を満たすため、また、院内のがん患者の把握のために平成21年から開始した。国立がん研究センターがん対策情報センターのホームページに、院内がん登録実務者のためのマニュアルが掲載されている13)。そのマニュアルの「過去に掲載していた資料」の項目の中にケースファインディングというPDFファイルがある。その中に登録開始日を決定したら過去に遡らないことが重要と記載されている。このため、当初は、当院でも平成21年からのデータだけを入力していたが、平成24年からはがん患者の病歴を把握し、現在の状況を知ることは医師の研究のための資料となるだけではなく、病院としても必要なのではないかと考え、過去のデータも遡って入力するようにした。実際にはそれが非常に役立っている。
  今回は、当院の院内がん登録と「山形県のがん 2011(平成23年)」の報告の比較を試みた。今回の報告にもあったように、山形県での発見経緯別でのがん検診の割合が当院では非常に低く、健診・ドックの割合は少しだけ当院が高かった。しかし、がん検診は、公的機関で多くの住民に連絡通知を行い、検診車や公民館、健診センター、各医療機関など多様な形で検診を実施するため、健診・ドックと比較すると対象者の規模が大きい。今後、これらのがん検診で異常が発見された場合の患者を受け入れる体制を整えることも当院の医療理念の一つである「地域社会との連帯」につながるのではないだろうか。
 今回は、最終基本日を平成26年12月31日に設定して生存年数、転帰等の統計を行った。今後も基本日を更新しながら、データ収集を心がけ、引き続きがん統計分析結果をしていきたいと考えている。


目次に戻る

7.文献
1)http://ganjoho.jp/hospital/cancer_registration/registration03.html
2)http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20140825.html
3)山形県健康福祉部:山形県のがん 2011(平成23年)(山形県がん実態調査報告)、山形県立がん生活習慣病センター、山形県健康福祉部、山形県、2015
4)髙橋ちえ他:カード型データベースソフトを用いた当病院独自の臨床データ管理の構築、三友堂病院医学雑誌 3:35-42,2002
5)山形県健康福祉部:山形県のがん 2011(平成23年)(山形県がん実態調査報告)、山形県立がん・生活習慣病センター、山形県健康福祉部、山形県、27,2015
6)山形県健康福祉部:山形県のがん 2011(平成23年)(山形県がん実態調査報告)、山形県立がん・生活習慣病センター、山形県健康福祉部、山形県、21,2015
7)山形県健康福祉部:山形県のがん 2011(平成23年)(山形県がん実態調査報告)、山形県立がん・生活習慣病センター、山形県健康福祉部、山形県、29,2015
8)山形県健康福祉部:山形県のがん 2011(平成23年)(山形県がん実態調査報告)、山形県立がん・生活習慣病センター、山形県健康福祉部、山形県、40,2015
9)髙橋ちえ:院内がん登録 2013、三友堂病院医学雑誌 15:121-134,2014
10)山形県健康福祉部:山形県のがん 2011(平成23年)(山形県がん実態調査報告)、山形県立がん・生活習慣病センター、山形県健康福祉部、山形県、76,2015
11)川村博司他:三友堂病院地域緩和ケアサポトセンター緩和ケアチーム活動-がん患者の自立性を高める早期からの緩和ケアの実践-、三友堂病院医学雑誌 7-14,2012
12)大腸癌研究会:大腸癌治療ガイドライン 医師用2014年版、大腸癌研究会、金原出版、東京、2014、69
13)http://ganjoho.jp/hospital/cancer_registration/registration02_01.html



01822