化学療法室実績

2012年2月6日

プロコール別化学療法患者数(人) 平成26年1月~平成26年12月

化学療法室実績
CDDP:シスプラチン(プラトシン)  S-1:TS-1  l-LV:レボホリナート  PTX:パクリタキセル(タキソール)  DTX:ドセタキセル(タキソテール) 
CPT-11:イリノテカン(トポテシン)  CBDCA:カルボプラチン(パラプラチン)  GEM:ゲムシタビン(ジェムザール) ETP:エトポシド(ラステット)   
NDP:ネダプラチン(アクプラ)  5FU:フルオロウラシル(5FU)  VNR:ビノレルビン(ナベルビン)  Capecitabine:カペシタビン(ゼローダ) 
BV:ベバシズマブ(アバスチン)  Trastuzumab:トラスツズマブ(ハーセプチン)  LTN:レンチナン  VNR:ビノレルビン(ナベルビン) 
Leuprorelin:リュープロレリン(リュープリン)    goserelin acetate:酢酸ゴセレリン(ゾラデックス)   Gefitinib:ゲフィチニブ(イレッサ)
P-mab:ベクティビックス(パニツムマブ)  Infliximab:インフリキシマブ(レミケード)  Abatacept:アバタセプト(オレンシ) 
Denosumab:デノスマブ(ランマーク) fulvestrant:フルベストラント(フェソロデックス) pemetrexed:ペメレキセド(アリムタ)
MTX:メトトレキセート(メソトレキセート) VBL:ビンブラスチン(エクザール) ADM:塩酸ドキソルビシン(アドリアシン) eriburin:エリブリン(ハラヴェン)
【FEC】:5FU+EPI+CPA  EPI:エピルビシン(ファルモルビシン)  CPA:シクロフォスファミド(エンドキサン)  【EC】:EPI+CPA
【TC】:DTX CPA  【BV±FOLFOX4】:BV±5FU+L-OHP+LV  L-OHP:オキサリプラチン(エルプラット)
【BV±XELOX】:BV±L-OHP Capecitabine
【BV±FOLFIRI】:BV±5FU+CPT-11+LV  【P-mab±FOLFIRI】:P-mab±5FU+CPT-11+LV 【IRIS】:CPT-11 S-1  
【FP】:5FU CDDP  【FT】:5FU weekly PTX  【GN】:GEM NDP  【M-VAC】:MTX VBL ADM CDDP
 
                     
                     
※  外来化学療法室で投与中のゾメタ症例は除く
※※平成26年1月より泌尿器科内分泌療法を化学療法室で施行しないこととなったため、外来化学療法総件数が減少した
02896
このページの
原稿&資料提供 三友堂病院化学療法室、外科