[眼科手術]涙が多い状態について

2009年6月16日

前眼科科長 平松類

涙が多い状態は

1.涙が出すぎる
2.涙が出た後の排水が悪い

のどちらかが多いです。涙が出すぎる場合は傷がついていたりコミが入っているときなどが多いですが、涙が出た後の排水が悪いというのは年齢の変化で起こってくることがあります。涙は出た後目の表面にたまり涙点という穴をとおって鼻の方へ流れて行きます。年齢の変化や通り道にできものができたりすると塞がってしまい溢れてしまいます。

 そのような場合は涙の通り道を通すチューブを使ったり、ひどい時は直接手術で通り道を作り直すことがあります。

 年だから仕方ないというわけではなく治療のできる状態ですのでご相談下さい。

涙の通り道のチューブ(NSチューブ)について

 涙の通り道は眼から鼻の方へ流れていきます。その通り道を広げるチューブというのがあります。目薬と注射の麻酔をして5分~10分ほどでチューブを入れることができます。チューブを入れた後は少し目頭にチューブがありますが特に違和感は感じないことが多いです。合併症としては痛み・出血があります。

 チューブを入れた後は2~3週間に一回洗って3カ月程度したら抜き去ります。抜くときはすぐに抜くことができます。

[眼科手術]涙が多い状態について
01658
このページの
原稿&資料提供  三友堂病院眼科