認定看護師の紹介 & エキスパートナース

2014年11月19日

認定看護師紹介

 感染管理認定看護師 野田 みさ子

     

[メッセージ]
感染管理認定看護師は、病院を利用する患者さんやご家族、医療従事者だけでなく、病院に関わるすべての人々を感染から守る役割があります。私は専任として感染制御チーム(ICT)や看護部リンクナースと協力しながら院内の全部署に対し、組織横断的に活動をしています。感染防止対策の重要性を職員一人ひとりが理解し、組織全体が統一した方法で取り組むことが出来るよう、今後も継続した活動を行っていきたいと思います。

 救急看護認定看護師  佐藤仁寿

     

[メッセージ]
 私は現在、救急室、病棟で勤務しています。 救急看護はさまざまな状況で実在的に潜在的に、かつ突発的に緊急に発生するため、領域を特定しない普遍性をもった看護領域であると言えます。 救急看護認定看護師として、救急看護の最新の知識の習得と熟練した技術を展開するために自己研鑽に努め迅速で確実な救急看護を第一に実践していきます。また、救急看護にかかわるスタッフ指導・相談を行いながら、病院組織内において横断的に活動を行い救急看護の質と安全性の向上を目指すことを使命として活動していきます。 救急看護は対象とする患者の病態を的確にトリアージし、緊急度・重症度を見極め、限られた時間の中、少ない情報から患者を観察・判断し、全身状態の急激な変化に対応した診療の補助と看護展開、危機的状況下にある患者・家族への精神的ケアが求められます。 更に、生命の危機を脱した直後から患者の社会復帰を見据えたケアを実践していく必要があります。プレホスピタルからの窓口として救命の連鎖のバトンがうまく繋がるように多くのコメディカルの方と協働し、共によりよい医療を提供していきたいと考えています。

 緩和ケア認定看護師 山田里美

 

[メッセージ]
 緩和ケアは、がんと診断された時から提供されるケアで、決して終末期だけを言うのではありません。また緩和ケアは、患者さんだけでなくご家族にも提供されるケアです。 私は、緩和ケアの認定看護師として、緩和ケア病棟のみならず、一般病棟や地域で過ごされている患者さんとご家族の辛さを和らげるために必要なケアを提供できるように活動していきたいと考えています。患者さんの生活に目線をおいた支援ができるように努力していきたいと思います。

 がん性疼痛看護 認定看護師 渡部芳紀

渡部芳紀   認定看護師

[メッセージ]
 地域緩和ケアサポートセンターで活動しています。がん性疼痛看護認定看護師の渡部です。地域の方々が痛みから解放され、痛みが無く日常生活が送れるような支援をしていきたいと考えています。患者さん、医療関係者の、ご相談に対応させて頂けるように日々努力していきます。

エキスパートナースの活動

 当院の「エキスパートナース」とは、ゼネラリストまたはスペシャリストとして十分な能力をもち、科学的根拠と経験を活かして特定の分野において専門性を活かし、看護の質向上に貢献できる人をいいます。
 現在、6名のエキスパートナースが活躍しております。
部署の看護業務に従事しながら、看護実践の水準を自ら高めるとともに、指導・相談の機能を果たし、病院全体の質向上に努めています。

認定の分野

  1. 感染管理
  2. 創傷管理
  3. 呼吸管理
  4. 糖尿病看護
  5. 乳癌看護
  6. 救急看護
  7. 透析看護
  8. 手術看護
  9. ICU看護
  10. 緩和看護
  11. がん化学療法看護
07148
このページの
原稿&資料提供 三友堂病院看護部