眼科紹介

2013年4月2日

眼科診療について

眼科診療について

 

 当科では白内障・緑内障・網膜剥離・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性症など幅広い眼科疾患の診断治療をおこなっており、全身疾患のある小児手術以外対応可能となっております。

 

特に三友堂病院において特徴的なのは

 

・内視鏡による硝子体手術

・局所麻酔による硝子体および網膜剥離手術

・緑内障インプラント手術(血管新生緑内障など)

・緑内障教育

・外傷性視神経症に対する視神経管解放術

・眼窩底骨折整復術

・加齢黄斑変性症に対する硝子体注射

・白内障手術

・糖尿病網膜症教育

・眼瞼痙攣や片側顔面痙攣に対するボトックス注射

 

が特徴的となっております。

 

 

当院では内視鏡を用いた硝子体手術が可能です。硝子体手術とは目の中の硝子体という部分をきれいにする手術です。硝子体の出血や黄斑上膜・黄斑円孔・網膜剥離・加齢黄斑変性などに対して行うものです。内視鏡にて直接見ることができるため角膜に病気を持った人などには特に有効です。また糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症といって血管のダメージによる病気の場合目のはじまでレーザーを打たなければならないのでその時も特に有効です。

 

またそのような硝子体手術を基本的には局所麻酔で行っております。そのため口から管を入れたり全身への影響を最小限にすることができます。

 

緑内障インプラント手術は、その高い有効性から海外では20年以上前から緑内障手術の主流となっていますが、日本では積極的には行われていませんでした。その理由としては日本で未認可だったため倫理委員会の承認が必要という点、手技的に慣れた人がいないという問題があったためでした。ところが、平成24年度より日本でも緑内障インプラント手術が保険適応となり、全国的に普及してきています。当院では10年前から昭和大学(当院眼科医師は東京の昭和大学より派遣のため)および三友堂病院での倫理委員会の承認を受けてこの治療を取り入れ、現在も植田医師(昭和大学眼科准教授)の指導のもと、緑内障の難治症例に対し積極的にこの治療を行っております。

 

緑内障患者教育に関する研究も三友堂病院でおこなっており、緑内障について患者さんにきちんとお話しすることで目薬のさし方、知識を持つことの重要性について認識しています。そのため積極的に患者さんにお話をして緑内障について知ってもらうように努力をしております。

 

 外傷性視神経症というのは目の周りをぶつけたことによる視力低下です。一般的にはこの病気には点滴治療のみを行うのですがそれ以外に手術療法があります。手術療法は行うのが難しいのですがこれにおいても昭和大学では日本においても特徴的にこの手術療法を行っているわずかな施設の一つなので当院においてもこの治療が可能です。

 

眼窩底骨折とは目をぶつけた時に目の周りにある骨が折れてしまうものです。視力は下がらないのですが、物が二つに見えてしまったりしまいます。治療としてはその骨を元に戻すのですがその治療も当院では行うことが可能です。

 

涙道手術とは涙の通り道がつまってしまう場合にする手術です。通常はその通り道は見ることができないのですが当院では涙の通り道に対する内視鏡があるため直接みながら手術を行うことができます。手術が必要かどうかの診断にもその道具が使えます。

 

加齢黄斑変性症は、現在日本で失明原因の第4位となっている病気で、50才以上の約1%にみられ年々増加しています。その高い有病率と失明率から最近はテレビ番組でもよく取り上げられ、認知されるようになってきました。当院ではOCT(光干渉断層計)検査や蛍光眼底造影検査による加齢黄斑変性症の早期発見、病態評価を行い、硝子体注射治療を行っております。

 

白内障手術は当院においては小切開白内障手術、嚢外摘出術が行えます。安全性を重視し、入院期間を設けて治療を行っております。

 

眼瞼痙攣は自分の意思とは関係なく両眼のまぶたの筋肉に力が入ってしまう病気です。また、片側顔面痙攣は片側の顔面神経の異常で左右どちらかの目〜口元までに痙攣がおよぶ病気です。当院ではこのような疾患に対して痙攣を抑えるボトックス(ボツリヌス毒素)治療を取り入れております。因みに、疲れた時などに目元がピクピクする症状は、眼瞼ミオキニアという全く別の病気でボトックス注射の適応ではありません。

 

糖尿病網膜症といって糖尿病による眼底出血があります。当院では糖尿病の栄養指導とともに糖尿病教室を開催しており糖尿病に関する知識を積極的に持っていただくようにしております。

 

眼科科長 蒲山順吉

診察室
診察室

検査室
検査室

 手術を受けられる方へ

 医師紹介

 実績

 外来予定

07133
このページの
原稿&資料提供  三友堂病院眼科